凛美、専属モデルを務める『nicola』で初の単独表紙「ずっと夢だったので信じられない」

ファッション誌『nicola(ニコラ)』(新潮社)の専属モデル(ニコモ)を務める凛美(りみ)が、9月30日(金)発売の同誌11月号の表紙に登場。2022年2月号にて初表紙を飾ったが、単独での表紙は今回が初となる。

【関連写真】『NICE FLIGHT!』で中村アンの中高生時代を演じた凛美

凛美は2006年11月20日生まれ、東京都出身の15歳・高校1年生。2020年1月号より専属モデルとしてデビューし、現在は「ニコラ副生徒会長」を務めている。

また、女優としてもTBS系日曜劇場『マイファミリー』で日曜劇場初出演ながら、ストーリーに深い関わりを見せた阿久津実咲役を好演し、テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『NICE FLIGHT!』では中村アン演じる航空管制官、渋谷真夢の中高生時代を演じるなど活動の幅を広げている。

凛美は、「ニコラモデルとしての活動において自分1人での表紙を飾ることができてとっても嬉しいです!聞いた時は、嬉しさもありましたがずっと夢だったので信じられず、実感がなかったです。表紙を任せていただくうえでの不安が1番大きかったですが、撮影を楽しめるように準備しました。これからの原動力にもなるような表紙ができたのではないかなと思います。卒業までのニコラモデルとしての活動はもちろん、お芝居のお仕事も沢山頑張るので、応援よろしくお願いします」とコメントしている。

【あわせて読む】グラビア界から注目・黒嵜菜々子の人生を決めた30分「迷うくらいなら絶対やった方が良い」