『原神』璃月を守る護法夜叉・ショウをゲーム中の姿そのままに完全再現!

オンラインゲーム『原神』より、璃月を守る護法夜叉「ショウ」をAPEX-TOYSの手によってゲームと同じような見た目を完璧に再現し立体化! フィギュア&ホビー通販大手の「あみあみ」にて現在予約受付中だ。

『原神』は、アニメのようなハイエンド3Dグラフィックとオープンワールド性を掛け合わせた、新世代のオープンワールドRPG。「テイワット」という幻想世界を舞台にした本作は、自由に探索できるオープンワールド世界、最大4人のキャラクターによるチーム編成、元素を駆使した戦略的なバトル、魅力的な物語などが特徴。

プレイヤー自身となる謎に包まれた「旅人」は、失われた兄妹を探す旅に出るが、次第にテイワットの秘密へと迫っていく。性格や能力も異なる個性的な仲間たちと出会い、待ち受ける試練、強敵に共に立ち向かう。

基本プレイ無料で高クオリティなオープンワールドゲームが楽しめる大人気コンテンツだ。

そんな本作より、「三眼五顕仙人」――「ショウ」が召喚に応じ参上!

俊敏な身のこなし、漂う袖、護法夜叉が砕けた石の上に立つ。仮面の下にある少年の毅然とした顔、ハイライトを入れた髪、腕には仙獣の模様と、繊細な塗装が人物のディテールを余すところなく再現。

首元に付けた降魔杵の鋭い光沢、靴の革の反射、香炉の金属質感から、手袋のグラデーションと袖皺の影まで、百戦錬磨のオーラと同時に華麗さも醸し出している。

透明パーツにより、ショウが身に着けている澄んだ翡翠、透き通るような「神の目」や、手中にある絢爛華麗な武器「和璞鳶」もゲームと同じような見た目を完全再現。

特製台座のエフェクトパーツは大量のクリアパーツにグラデーション塗装を追加し、ショウの「靖妖儺舞」の強さをどの角度からも堪能できる仕上がりとなっている。

>>>「帝君の為、靖妖降魔」ショウをいろんな角度で見る!(写真12点)

(C)miHoYo. All Rights Reserved.