柏木由紀が明かした理想の男性像「全部仕切る人が好き」にニューヨーク屋敷らから不安の声

お笑いコンビ・ニューヨークがMCを務める、“オトコ”と“オンナ”のリアルを射抜く恋愛バラエティ番組『ニューヨーク恋愛市場(れんあいしじょう)』の#45が、9月27日(火)夜11時より「ABEMA SPECIALチャンネル」にて放送された。

【写真】異性の大好きな行動について語る柏木由紀、ほか番組カット【4点】

放送開始から1周年を迎えた9月27日(火)の放送では、スタジオゲストにアイドルグループ・AKB48の柏木由紀とお笑いコンビ・デニスの植野行雄、松下宣夫を迎え、ゲストが発表する“異性の大好きな行動”の中から本当は大嫌いな“NG行動”を当てる企画「愛せず嫌い王」を実施した。今回は、柏木とデニスの対決となり、ニューヨークの屋敷裕政は柏木チーム、嶋佐和也はデニスチームにサポート役として参加。“異性の大好きな行動”を各チーム4つずつ用意し、最終的に相手チームが挙げた4つのうち1つだけ紛れ込んでいる“実は大嫌いな行動”を当てたチームが勝利となる。

対決では、まず相手チームが用意した“大好きな行動”を1つずつ掘り下げ、その真意を吟味していくが、ゲームが進むにつれて明らかになっていった柏木の“理想の男性像”に、男性陣が不安を抱く場面も。“異性の大好きな行動”として「LINEで今何をしているか逐一報告してくる」「注文メニューをすべて決めてくれる」「日常的にボケたりツッコんだりする」「冷蔵庫にあるもので簡単な料理を作ってくれる」の4つを挙げた柏木。

まずは、デニスチームが「明らかに良くない」「普通に考えてしんどい」と疑惑を向けた「LINEで今何をしているか逐一報告してくる」という行動について、説明を求められた柏木は「私はとにかく携帯を肌身離さず持ってる人なんですよ。特にLINEがすごく好きで、(相手が)常に何してるか気になっちゃう」と回答した。そこで、屋敷が「逆に『今何してんの?』と聞かれるのはアリ?」と尋ねると、柏木は「めっちゃ聞いてほしいです」と即答。四六時中LINEでやりとりすることも苦ではないとし、「送った瞬間に即既読がつくのがめちゃくちゃ嬉しい」と熱弁。

また、「注文メニューを全て決めてくれる」という行動については、「お付き合いしてる人でも、初対面の人でも(複数人で食事をするときに)、メニューを取って『適当に決めていい?』みたいな。全部仕切る人がめちゃくちゃ好き」と語った柏木。植野が「髪型とかも言っちゃっていいんですか?『もうちょっと短い方が好きだな』とか」と疑問を投げかけると、これにも「言ってほしいです」と頷き、さらに服装についても要望があれば「めっちゃ変えます」と断言。

屋敷は思わず「それで、LINEで逐一報告してくるんですよね?結構ヤバい男やろな…。結構洗脳系の彼氏につかまってまいそう」と漏らし、松下も「(柏木さんは)すべて支配してほしい人」と推測するなど、柏木の恋愛観に不安を抱く男性陣だった。

一方、デニスチームは松下が「プロ意識が高い」「大好きな趣味がある」、植野が「仕事のことを聞いてこない」「情熱的にスキンシップを求めてくる」と、それぞれ2つずつ“異性の大好きな行動”を挙げた。そして、相手チームが“実は大嫌い”だと思う行動をお互いに予想し、実演形式で答え合わせが行われるが、両チームともにハズレを連発する場面も。

番組ではさらに、男女が出会えるスポットに潜入取材を行う「出会いスポット実態調査 相席ラウンジ編」も放送。男性の割合が多いというのが一般的な印象の相席ラウンジが、昨今では男女の比率に逆転現象が起きているのだという。一体なぜ女性は相席ラウンジに足を運ぶのか、女性たちへのインタビューで明らかになった本音や、リアルな相席の様子に柏木も興味津々の様子を見せた。

放送は、放送後7日間、無料で見逃し視聴が可能だ。

【あわせて読む】柏木由紀が20代最後のウエディングドレス姿を披露、理想の相手は「話し合いができる人」