岸井ゆきの主演映画『ケイコ 目を澄ませて』場面写真解禁&映画人から絶賛コメント到着

映画『ケイコ 目を澄ませて』が12月16日(金)よりテアトル新宿ほかにて全国公開される。第72回ベルリン国際映画祭エンカウンターズ部門に出品され、世界が熱視線を送る三宅唱監督の最新作で、今回本作の場面写真を一挙解禁。また、濱口竜介監督、吉田恵輔監督など映画人からのコメントが到着した。

【写真】岸井ゆきの主演・映画『ケイコ 目を澄ませて』場面写真

本作は、聴覚障害と向き合いながら実際にプロボクサーとしてリングに立った小笠原恵子さんをモデルに、彼女の生き方に着想を得て、『きみの鳥はうたえる』の三宅唱が新たに生み出した物語。

ゴングの音もセコンドの指示もレフリーの声も聞こえない中、じっと<目を澄ませて>闘うケイコの姿を、秀でた才能を持つ主人公としてではなく、不安や迷い、喜びや情熱など様々な感情の間で揺れ動きながらも一歩ずつ確実に歩みを進める等身大の一人の女性として描き、彼女の心のざわめきを16mmフィルムに焼き付けた。

主人公・ケイコを演じた岸井ゆきのは、厳しいトレーニングを重ねて撮影に臨み、新境地を切り開く。

映画監督・濱口竜介は「光と闇と運動を求める三宅唱の歩みは留まるところを知らず、この国ではもはや他の追随を許していない(が、何とかついていきたい)。『ケイコ 目を澄ませて』は流れる時間を柔らかにフィルムへと定着させた傑作だ。岸井ゆきのの瞳の輝きと、手と腕の動きとともに渦を巻くような粒子の蠢きを存分に感じるには大画面で見る以外の選択肢はない」とコメント。

映画監督・吉田恵輔は「岸井ゆきのは、間違いなく天才! ボクシングは練習の積み重ね。 地味な努力を継続する才能が必要。 岸井さんが、ケイコさんが積み重ねた、その日々に泣いた。 静かな世界が、こんなに熱く、美しいなんて。 間違いなく傑作!」と語っている。

テレビプロデューサーの佐久間宣行は「素晴らしかった。あっという間の99分。 岸井ゆきのの強さと熱さと怒りと悲しさに、一瞬も目が離せない。 小さな小さな映画なのに、とんでもないパンチを胸に打ち込んでくる。しっかり痛いし、その痛みはきっと誰かの人生を変えるだろう。 こういうのを代表作っていうんだろうな」と感想を寄せている。

【あわせて読む】岸井ゆきの主演・映画『ケイコ 目を澄ませて』の予告編とポスタービジュアルが解禁