『アイゼンフリューゲル』豪華スタッフ陣で劇場アニメーション制作決定!

虚淵玄(ニトロプラス)×武内崇(TYPE-MOON)×水島精二×小松田大全×A-1 Picturesが贈るエンターテインメント大作『アイゼンフリューゲル』の劇場アニメーション制作が決定。ティザービジュアル・PVが解禁となった。

原作は、『魔法少女まどか★マギカ』『PSYCHO-PASS』などの脚本を手掛けた虚淵玄が2009年に刊行した小説『アイゼンフリューゲル』。

”小説家・虚淵玄” の想いが詰まったこの物語を、これまでも『鋼の錬金術師』や『機動戦士ガンダム00』シリーズなど ”戦争と個人” のドラマ、そしてキャラクターを描き続けてきた水島精二が総監督として全体を統括。

またアクションからドラマまで確かな演出で評価を得る小松田大全が監督を務め、A-1 Picturesとともに本作の要である龍と航空機の空戦チェイスを迫力の映像に仕立てあげる。

さらにキャラクターデザインは『Fate/stay night』『Fate/Grand Order』『月姫 -A piece of blue glass moon-』などの武内崇が担当し、魅力的なキャラクターたちが深いドラマを紡ぎ出す。

合わせて解禁されたティザーPVには、広大な空に描かれる「航空機と龍」、そして梶浦由記による劇伴で紡がれるキャラクターたちのそれぞれの表情が映し出されている。

観る者の心を熱くする空戦(アクション)と、胸を締め付ける人間模様(ドラマ)――「航空機と龍」、「戦争と人」が紡ぐ、壮大な物語が幕をあける。

劇場アニメーション『アイゼンフリューゲル』の続報に乞うご期待!

>>>ティザービジュアル、ティザーPV場面カットを見る(写真5点)

(C)虚淵玄/小学館/「アイゼンフリューゲル」製作委員会