オリジナルアニメ『アルスの巨獣』始動!羊宮妃那、森川智之らメインキャスト解禁

DMM.com×旭プロダクションが贈るオリジナルアニメーション『アルスの巨獣』が2023年1月より放送されることが決定。ティザーPV&ティザービジュアル、メインキャラクター&キャスト、スタッフ情報が一挙解禁となった。

本作の監督はオグロアキラ、キャラクター原案を大槍葦人、シリーズ構成・脚本を海法紀光。キャラクターデザインを清水洋・加藤真人、音楽を片山修志・鈴木暁也、アニメーション制作は旭プロダクションが担当する。

「巨獣」が蔓延する世界で繁栄する人々。「死に損ないのジイロ」は何者かに追われる「二十と二番目のクウミ」と出会い、物語は動き出す。

解禁となったティザーPVは、本邦初公開となるアニメーションとともに、本作の世界観が一部垣間見える映像となっている。

また、ティザービジュアルは『ファイナルファンタジー』も手掛けるアートディレクター:上国料勇による『アルスの巨獣』の世界観が詰まったコンセプトビジュアルだ。

また、本作のメインキャラクター情報も解禁。

「二十と二番目のクウミ」の二つ名を名乗るカンナギ・クウミを羊宮妃那、「死に損ないのジイロ」の二つ名を持つ巨獣狩り・ジイロを森川智之。

行商として旅をする ”ニャ” が口癖のカブリ族・ミャアを芹澤優、「はやとちりのメラン」の二つ名を持つケモビトの若き戦士・メランを峯田大夢、「七草のロマーナ」の二つ名を持つ旅の医者・ロマーナを日笠陽子が演じる。

解禁キャストからは本作の発表にあたり、キャストコメントも到着しているため、こちらもぜひチェックしてほしい。

本作の情報解禁記念として、公式Twitterでは抽選で1名にジークレー複製キャンバスアートをプレゼント! 公式Twitterをフォロー&リツイートして参加しよう。

オリジナルアニメ『アルスの巨獣』は、2023年1月の放送へ向けて今後続々と情報を解禁。

謎に包まれた『アルスの巨獣』の続報に乞うご期待!

>>>ティザーPV場面カットやキャラビジュアルを見る(写真14点)

(C)DMM.com・旭プロダクション/アルスの巨獣製作委員会