日本代表・三笘薫が松井大輔と特別対談、「ブラジル戦では、プレーの選択肢を全部切られた」

FIFA ワールドカップの特別番組『FIFA ワールドカップ64~三笘のドリブルで世界を攻略SP~』が、9月24日(土)夜24時30分から「ABEMA」にて放送された。

【写真】サッカー日本代表・三笘薫選手と、元日本代表の松井大輔選手の対談の様子、ほか番組カット【10点】

今回の放送では、9月23日(金)に行われた「キリンチャレンジカップ2022 アメリカ代表戦」で、海外メディアからも絶賛されたゴールを決めた現役日本代表の三笘薫選手と、2010年の南アフリカワールドカップに出場した元日本代表の松井大輔選手による特別対談を放送。“神ドリブラー”同士の貴重な対談が実現した。

まずは三笘選手自身が選ぶ「ベストドリブル」の1つとして、プロ1年目となる2020年のJ1・川崎フロンターレVS横浜F・マリノス戦で見せた、「驚異の70メートル独走」を紹介。選んだ理由として、「僕の代名詞じゃないですけど、こういうシーンのおかげで皆さんに覚えてもらいやすかった」とコメント。さらに「ドリブルって賭けな部分もあるじゃないですか。でも名DF・チアゴ選手を相手に、逆にあそこしかなかった」と振り返った。

三笘選手が賭けに出るときは「(ボールを)取られないようにする時と、リスクを冒してでも行くときを使い分けてる、難しいですよね」と話すと、松井選手も「勝負に行きたくなる時あるよね。でもその時、ちょっと監督の顔が頭をよぎる」と共感。三笘選手も「監督だけじゃなくてセンターバックとかも…」と、ドリブラーあるあるで盛り上がった。

一方で今年6月の「キリンチャレンジカップ2022 ブラジル代表戦」では、“三笘ドリブル”が通用しなかったことも告白。「ブラジル戦では、プレーの選択肢を全部切られた。読まれてボールを持っていかれた」と反省点を語りながら、もう1つの武器である「キックフェイント」を実演。2回のフェイントを使い分け、相手の体勢を崩す足技を実演しながら、「軸足よりも入りたい」「軸足の110度くらい行きたい」というドリブラー同士の高度な会話も。すると、松井選手が「でも、あんまりテレビで言っちゃダメだからね」と我に返ると、三笘選手も「ダメですね。僕の商売道具なので(笑)」と笑い合って見せた。

最後に、松井選手が三笘選手へ「ドリブルからゴール」という激励の言葉を贈り、南アフリカワールドカップ出場時に自身が叶えられなかった誓いを三笘選手に託す。受け取った三笘選手は「世界を圧倒する」という言葉を掲げ、「ワールドカップの舞台はトップレベルの選手が多くいるので、その中でも圧倒的なドリブルやチャンスメイクで勝たせること、いちばん僕にできることだし、しないといけない」と力強く語った。

番組は次回10月2日(日)の放送から、毎週日曜深夜のレギュラー放送となる。

【あわせて読む】影山優佳のサッカー愛に、霜降り明星・せいやも「あんなアイドル見たことない」と驚き