現在、TVerでは「TVerでととのう サウナ番組大特集」を開催中! 過去の名作や最近のサウナ特集番組まで、今ならさまざまなサウナ番組をTVerで配信しています。そこでTVerプラスでは、各テレビ局に務める局員の「サウナの記憶」を募集し、ロケ後のサウナ、初めてのサウナ体験、思い出のひとときなど、各局から集まったさまざまなエピソードをご紹介! 今回は「静岡朝日テレビ」局員のエピソードです。

静岡朝日テレビ局員の「サウナの記憶」

ざっきーさん

富士絶景外気浴ととある熱波師との出会い

東京から車で2時間、山梨県にあるホテルマウント富士を訪問。ホテル内にあるサウナは都心では味わえない絶景の富士山を目の前に外気浴を楽しむことができる。目を閉じると野鳥の鳴き声が……最初は「BGMか!」とツッコミを入れてしまう。いやいやここは大自然の富士山。そんな邪念捨てて再びサウナに、この日は特別な日でありアウフグースを体験できた。熱波師の名前は「横風熱一」。名前の通り、熱一さんのチカラがこもった熱波で更にカラダは最高潮に……完璧にととのいました。

最後に熱一さんから一言、「サウナ最高すね!」。言葉の通り最高の環境でととのい、忘れられない1日になりました。

友田岳詩さん

ととのえない日

2年前、友人に連れられサウナに行き、初めてととのいを経験して以来、気づけばサウナを求める体になっています。特にテレビのあるサウナが好きで、土日の昼帯に行ってキー局の総集編を見ながらととのうことが至高です。普段、営業活動で壊された心を修復し「やっぱりテレビって良いな」という気持ちに戻すことが出来る方法がサウナです。他系列の番組が流れていてもそれはそれで勉強になり、本当に素晴らしいのです。ただし、絶対に流してほしくない番組もあります。それは裏局の上りネット番組(他系列の静岡の放送局が全国ネットで放送するために制作する番組:この番組のスポンサーを見つけるのが営業の仕事)です。これを見るとととのうどころではありません。提供表示を見ると仕事を思い出しもはや乱されるだけです。その日以降、土日の日中帯は目をつぶりながら入ることを心がけています。

水野裕介さん

私だけ?のサウナの楽しみ方

会社の先輩が昔からサウナ好きでブームの数年前から休みの日にはサウナに通っていました。先輩の教え方が独特だったのか「水風呂で潜水しなさい!」とよくアドバイスされました。その影響で私のサウナの楽しみ方は少し変わっています。

私は水風呂で体を冷やしている間、潜水をし続けます。心拍数が高い状況から水風呂に入水することで心拍数が驚くほど低くなり、普通に潜水するよりも長く潜水することができ、限界まで息を止めた後に水風呂から出ることで究極の『ととのい』が待っています!ただ潜水後は究極にヘロヘロです(笑)。

長い時には2~3分潜水するので本当に死んだのではないか? と従業員に声を掛けられることもあります。この究極の『ととのい』が完成する条件は2つです。

まずは水風呂が潜水できること、さらに潜水後に一目を気にせずに疲れることができること。この2点です。この究極の「ととのい」を実施できる施設は少ないですが、是非体験してください。

ムラカミヒサシさん

先生、サウナしきじでととのいたいです!

このごろムラカミ苦しむは、移動に、マルチ、確認書。高校野球が終わったら、CM量の枠計算。精根尽きた枠担当、癒しを求めふらふらと、出向いたサウナ(しきじ)で見たものは、”ととのい”もとめる人でした。

このごろムラカミはまるもの、サウナに、水風呂、生姜焼き。マルチ作業が終わったら、待ち構えるは、いざ「しきじ」。「銭湯」ではない、是れ「しきじ」。”ととのい”のときは訪れて、かの水風呂にさあ行かん。サウナと水風呂繰り返し、体とココロに跋扈する、魑魅魍魎をいざ退治。マルチ作業を締めくくる、サ飯の定番・生姜焼き。静岡だけで味わえる、最&高のデトックス。天下無双の娯楽サウナ、皆が焦がれる夢見心地。「サウナしきじ」ここにあり!

TVer「サウナ特集」で配信する、静岡朝日テレビのサウナ関連番組一覧

※配信状況はTVerでご確認ください。

『霜降り明星のあてみなげ』