ご相談者は、パートで働く50歳の主婦の方。貯蓄を住宅ローンの繰上返済に充てて完済したいが、コロナ禍の減収、今後の教育費を考えると不安とのこと。そもそも支出も多すぎではないかと考えているそう。

◆コロナ禍で減収、教育費も考えると繰上返済をすべきか迷っています

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。

今回のご相談者は、パートで働く50歳の主婦の方。貯蓄を住宅ローンの繰上返済に充てて完済したいが、コロナ禍の減収、今後の教育費を考えると不安とのこと。そもそも支出も多すぎではないかと考えている。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

◇相談者

ミカンさん(仮名)

女性/パート/50歳

関東/持ち家・一戸建て

◇家族構成

夫(会社員/50歳)、長男(16歳)、長女(10歳)

◇相談内容

(1)毎月6万円超の赤字なので、ローンを全額繰上返済して赤字を解消したいが、教育費がかさんでくるこれからの時期に、全額返済して手元資金を減らすのはどうなのでしょうか? また、コロナにより夫のボーナスが5分の1減り、次のボーナスもどうなるか分からないため、700万円ものお金を支出するのはどうなのか教えていただきたいです。

(2)夫の死亡保障額は足りていますでしょうか? 住宅ローンに団体信用生命保険が付いています。

(3)食費、雑費、教育費が高いと思うのですが、いかがでしょうか? 収入に対してどのくらいが適正でしょうか?

(4)私の収入を増やすべきでしょうか? 現在はパートで、職場も近く人間関係も良好のため、転職は考えていません。10年後くらいにもしかしたら正社員になれるかもしれません。以上長くなり申し訳ございませんが、よろしくお願いします。

◇家計収支データ

ミカンさんの家計収支データは図表のとおりです。

相談者「ミカン」さんの家計収支データ

◇家計収支データ補足

(1)ボーナスの支給額と使いみち

昨年の支給額は73万円。直近は8万円。昨年のボーナスは20万円貯蓄、残りは生活費補填。

(2)加入保険の保障内容

[夫]

・終身保険(60歳払込終了、死亡保障753万円)=毎月の保険料3000円

・収入特約付終身保険(60歳払込終了、死亡保障200万円、年金60歳まで月額15万円)=毎月の保険料9583円

・低解約返戻金型終身保険(払済み、死亡保障100万円)

・医療保険(終身保障終身払い、入院日額5000円)=保険料2083円

[相談者]

・低解約返戻金型終身保険(52歳払込終了、死亡保障100万円)=保険料3417円

・医療保険(終身保障終身払い、入院日額5000円)=保険料1833円

(3)貯蓄について

夫婦のこれまでの貯蓄の他、一部、親からの贈与が含まれる。

(4)住宅費の内訳と住宅ローンの内容

住居費内訳=住宅ローン7万4000円、固定資産税1万1000円(月割り)、地震保険3000円(5年更新)

住宅ローン=借入1300万円、返済期間17年、10年固定金利1.65%、残りは変動金利、残債700万円

(5)教育費の内訳

長男5万円(定期代、学費、塾代)、長女3万円(学費、習い事)。

(6)進路について

長男/大学は私立大の可能性あり(文系理系は未定)

長女/高校までは公立を希望している、大学は未定

(7)食費が「高い」理由について

相談者コメント「育ち盛りの子がいる。おやつが多い(月に1万円前後かかる)。ただし、外食はほとんどせず、米代はかかっておらず、食材のこだわりもないのに高いので、理由がよく分からない」

(8)雑費の内訳

交際費6000円、日用品費1万1000円、他に被服費、医療費、娯楽費など。

(9)ご主人の退職金と定年について

退職金制度はあるが金額は不明。また、定年制度も不明(そこまで勤務した例がない)だが、おそらく65歳までは働けるとのこと。

◇FP深野康彦の3つのアドバイス

アドバイス1:条件付きで繰上返済による完済は可能

アドバイス2:予算制にして半ば強引に管理していく

アドバイス3:相談者の収入アップは有効な老後対策

◆アドバイス1:条件付きで繰上返済による完済は可能

いくつかご質問があるので順に回答してきます。まず(1)の住宅ローンの繰上返済について。教育費が今後ピークを迎えるので迷っているとのこと。確かにそこが気掛かりかと思います。試算してみましょう。

仮に、今すぐに住宅ローンを繰上返済によって完済すると、ローン残高700万円ですから手持ち資金=貯蓄は残り約2000万円。教育費は、お子さん2人とも私立大学だとすれば、大学にかかる費用(入学金、4年分の授業料など)は文系で平均400万円、理系で540万円と開きがありますが、一応1人500万円とすると、2人で1000万円。

また、長女の方が私立高校の可能性もあるとのことですから、その場合の教育資金として300万円を計上し、今後にかかる教育費を計1300万円とします。

結果、手持ち資金の残高は700万円となります。あと、おそらくご夫婦名義の低解約型終身保険は教育資金づくりを目的に加入されたと思われますので、この解約返戻金が200万円とすれば、先の残高は900万円となります。

ただし、この数字は、今後の貯蓄による上積み分は考慮していません。逆に言えば、家計赤字が続けば、この残高そのものがもっと減ってしまうことも考えられます。

繰上返済後の家計ですが、ローンの支払い分7万4000円がなくなりますから、毎月の支出は42万4000円。家計赤字はほぼ解消できたといえます。

そうなると、今後の貯蓄はボーナス頼みとなりますが、不安要素となるのがその減額。仮に、次のボーナスが前回と同程度の減額であれば、貯蓄は難しいかもしれません。したがって、教育費を確保した上での繰上返済は可能だと考えますが、家計防衛という観点からも「家計支出を見直す」という条件付きとなります。

◆アドバイス2:予算制にして半ば強引に管理していく

その家計ですが、印象として支出は総じて高め。それはつまり、それだけ見直しの余地があるということです。何を削減するかは個々に異なります。その世帯にとって優先順位の低い費目、削減しやすい費目から手をつけることが継続的な節約につながります。

それでも、これは(3)のご質問に関連しますが、ミカンさんが言われるように食費が目立って高いことは確かですし、結果的に見直しやすい部分になるでしょう。何が原因で高いかがつかめないなら、とりあえず最初は、予算を決めて半ば強制的に管理していく方法がいいのでは。

例えば「月7万円」あるいは「週1万5000円」と決めて、その範囲でやりくりする。それだけで、月2万円以上節約できます。水道光熱費の予算設定は難しいですが、雑費などもできるはず。そのことで、ときに我慢も必要となりますが、創意工夫で乗り切ってください。

保険も当然、見直し対象となります。固定支出ですので一度見直せば、ずっとコストは抑えられる点でも効率的です。具体的には、ご主人名義の終身保険2本は、現状を考えれば必要性は低いといえます。払済保険でいいと思います。

(2)のご質問の回答にもなると思いますが、払済保険によって今まで支払った保険料分の保障は残りますし、現預金もあります。教育費は十分確保できているので、現状を考えれば、あえて死亡保障を確保するより、現金を増やすことを優先すべきでしょう。

どうしても不安なら、医療保険を解約して共済で医療保障と死亡保障を確保してもいいでしょう。保険料はほぼ変わらないはずです。

◆アドバイス3:相談者の収入アップは有効な老後対策

家計の見直しで、月5万円の黒字を目指してほしいと思います。最初はきびしいかもしれませんが、徐々に目標に近づけてください。

月5万円貯蓄に回れば、年間60万円。定年までの10年間で600万円。また、毎月計上している教育費ですが、先の試算で長女の方については高校からの予算も織り込んでいますから、5年後にはほぼ負担がなくなります。浮いた教育費をそのまま貯蓄に回せば、途中、児童手当の支給がなくなるものの、それでもさらに400万円程度は貯蓄が可能。

それだけで、計算上、ご主人が定年までに1000万円の貯蓄が上乗せできます。これに教育資金等を差し引いた現預金の900万円を加算すると1900万円。これが老後資金となりますが、実際にはボーナスが元の支給額に戻ることも考えられますし、退職金制度もあれば、さらに老後資金は増えます。

これで老後資金が足りるかどうかは分かりません。考え方としては、生活資金に対して公的年金の不足分を補うのが老後資金ですから、毎月3万円不足なら、65歳から30年間で1080万円。5万円なら1800万円。また、生活費とは別に、住宅のリフォーム費用やクルマの買い替えは定年前から発生します。医療費や介護費用への備えも必要でしょう。そう考えれば、今後の貯蓄がいかに大切かが分かるはずです。

対策としては、ご夫婦とも65歳までは働くこと。結果的に、老後資金を増やすことにつながります。また、ご相談の(4)にあるように、ミカンさんが収入アップとなることも、有効な老後対策です。可能なら目指してほしいと思います。

ともあれ、住宅ローンの残高が大きくないことと、まとまった預貯金があることが、教育資金を確保した上での繰上返済を可能にしています。とはいえ、不透明な世の中ですから、これを機会に家計を見直し、ご家族で協力しながら、減収の中でも貯蓄体質を目指してください。

◆相談者「ミカン」さんから寄せられた感想

この度はご相談に乗っていただき、ありがとうございました。住宅ローン返済をどうすべきか一番悩んでいたので、プロの方のご意見をうかがえて大変参考になりました。また、支出の多さをご指摘いただき、今後の教育費や老後資金など具体的に示していただいたので、このままではいけないと一層の危機感を持ちました。

先生からの改善策を実践して、家族の将来のため、この不安定な時代を乗り切っていくため、頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。

教えてくれたのは……深野 康彦さん

マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。

取材・文:清水京武

文=あるじゃん 編集部