『うる星やつら』さらなる追加キャストは三宅健太、櫻井孝宏、井上麻里奈

新作TVアニメ『うる星やつら』の新情報が到着。温泉マーク、尾津野つばめ、面倒了子、こたつねこのキャラクター設定が公開され、キャスト3名のコメントも併せて発表された。

高橋留美子鮮烈のデビュー作『うる星やつら』が、小学館創業100周年を記念して、選び抜かれた原作エピソードを全4クールに渡って完全新作としてTVアニメ化される。

本作は、地球 ”最凶” の高校生・諸星あたると、宇宙から舞い降りた ”鬼っ娘” 美少女・ラムの出会いから始まるラブコメディ。騒がしくもどこか切ない、あたるとラムのボーイ・ミーツ・ガールストーリーを、銀河中から集結する個性的なキャラクターたちが彩っていく。

監督は『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』を手掛けた髙橋秀弥・木村泰大、シリーズ構成に『はたらく細胞』の柿原優子、キャラクターデザインに『おそ松さん』『映像研には手を出すな!』の浅野直之、アニメーション制作は『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ、『炎炎ノ消防隊』のdavid productionが担当。

また主人公の ”ダーリン” こと諸星あたる役を神谷浩史、ヒロイン・ラム役を上坂すみれ、三宅しのぶ役を内田真礼、面堂終太郎役を宮野真守、チェリーこと錯乱坊役に高木渉、サクラ役を沢城みゆきが演じるなど、豪華キャスト陣にも大きな注目が集まっている。

三宅健太演じる温泉マークは、あたるや面堂など問題児だらけの生徒に苦労させられている、友引高校の英語教師。三宅は「温泉マークは、あたるたちにとって『とにかく威圧的な権力の権化。だけど必ずズッコケる悪役』になれればな、と思って演じていきたいです。プラス、ちょっぴりどこか憎めない可愛さを入れられたらな、と……」と自身の取り組みを語った。

櫻井孝宏演じる尾津乃つばめは、優しいが少しドジで間抜けな一面もある、サクラの婚約者。櫻井は「エクソシストのイメージからかけ離れた陽気で穏やかなキャラクターで、常にあたる達に巻き込まれて損している印象です。ちょっとドジなところが魅力であり彼の持ち味ですね」と、つばめの印象を語る。

井上麻里奈演じる面堂了子は、面堂終太郎の妹でイタズラ好きのお嬢様。井上は「了子さんは誰よりも猟奇的な女の子です。やる事なす事全てがハチャメチャで、それを全力で楽しんでいる所が非常に恐ろしく、そして面白いです。作品の激辛スパイスになれるよう全力で掻き乱していきたいです」とコメントを寄せた。

銀河中の”やつら”が友引町に集まり、ハチャメチャを繰り広げる『うる星やつら』は、10月13日よりフジテレビ”ノイタミナ”ほかにて毎週木曜24時55分~放送開始。次回の発表もお楽しみに。

まだまだ楽しい ”やつら” が続々と登場予定、続報を楽しみに待とう!

>>>『うる星やつら』キャラ&キャストのコラボビジュアル、キャラ設定を見る(写真12点)

(C)高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会