戦車M4シャーマンの走行も! フランス解放博物館で見る、第二次大戦の軍用車両たち

9月17日、18日はヨーロッパ遺産の日。この日はヨーロッパ中で美術館や博物館が無料で開放されるほか、普段は一般が足を踏み入れられないところが公開される。フランスで最も人気が高いのはエリゼ宮。大統領官邸だ。この日は朝4時には列ができ始めるという。そんな日に出かけたのはサトリ市。ヴェルサイユ市の隣にあるこの街はほとんど軍の施設と言っていい。空軍の基地もあり、その周りに特殊部隊の基地もあり、航空機による即応にも対応している軍の街なのだ。

【画像】アメリカ、イギリス、カナダなど各国の軍用車両は迫力満点(写真37点)

その一角にあるフランス解放博物館は軍の施設内にあり、普段は一般に公開されていないが、この日は一般に公開された。この博物館では、第二次大戦の軍用車両を保管している。ほとんどがアメリカ軍のものだ。ここで整備され、ほとんどが動く状態に保たれている。アメリカ軍の車両が多いこと、そしてフランスを解放したアメリカということで、この日はフランス軍の基地でありながら星条旗が掲げられている。その上、ここのスタッフ達はほとんどアメリカ軍の当時のコスチュームを身にまとっている。

中に入るとどこかで見かけたことのある車両がある。そうだ。パリ横断のピクニック会場となっていたムードンの公園だ。その一角が軍の駐屯地に様変わりしていたところ。あの場にきていた車両はここから参加していたのだ。タミヤのプラモデルを思い出しながらその中を見て回る。ここを訪れている多くの人が年配の元軍人という方々。ミリタリーマニアもそうだがこの基地の軍関係者の家族という感じだ。

そんな中、何やら一角が騒がしくなってきた。「ここから後ろには来ないほうがいいですよ。エンジンをかける時にはかなりの煙が出ますから」どうやらM4シャーマンが外に出て走らせるということらしい。準備が整うといよいよエンジンスタート。スターターモーターが回り始めてすぐにバラバラとエンジンがかかり出した。言われていたようにすごい排煙だ。ただ、まだ全部に火が入っておらず、バラバラと不規則な感じ。しばらくすると規則正しい音になりエンジンは無事に始動した。そして倉庫からゆっくりとその巨体外に出ていく。MPの腕章をつけた兵隊が道をあけシャーマンは外の道まで出てくる。兵達を載せるとその通りをひと走り。ここを訪れていた人たちは子供も大人も大喜びの様子だ。走行が終わると外にそのまま停車させ足場を用意して一般の人も戦車に乗っかることができる。

この博物館には整備するためのスペースがあり、そこには旧車も並べられていた。ルノーの小型装甲車のプロトタイプも展示されていた。そういえば軍の訓練のために使われる一般車両。乗用車などはメーカーから支給されることがあるのを見たことがある。これは事故が前提の訓練や時には射撃の的などに使われるのだがシリアルナンバーがない。新型車を開発し、クラッシュテストなどに作られてテストには使われず余分に残った車両が軍に回ってくるとのことだった。

フランスにはロアール地方のソミュールに有名な戦車博物館があるがパリ近郊、ヴェルサイユのすぐそばにこんな博物館があるのは知らなかったのでちょっと不思議な感じ。パリ横断でアメリカ軍の車両がずらっと並ぶのは、ここがあったからなのだ。いつも何か新しい発見のあるヨーロッパ遺産の日だ。

写真・文:櫻井朋成 Photography and Words: Tomonari SAKURAI