女優でグラビアアイドルの染野有来が17日、東京・渋谷のHMV&BOOKS SHIBUYAで写真集『ユメノソラ』(発売中 3,278円税込 講談社刊)の発売記念イベントを行った。

写真集『ユメノソラ』の発売記念イベントを行った染野有来

2014年に「JUNONガールズコンテスト」でグランプリを受賞して芸能界入りし、恋愛リアリティショーAbemaTV『オオカミくんには騙されない』でブレイクしてドラマや映画などで活動している染野有来。2020年には「ヤングマガジン」の表紙巻頭でグラビアデビューを飾るなど、グラビア活動にも積極的だ。その彼女が待望の1st写真集をリリース。自身も企画段階から参加したという同写真集は、トレードマークの長い髪を撮影中にばっさりと切り、ショートカットの艶やかでセクシーな姿を披露。また、女優として大胆な表現にもチャレンジしており、打ち合わせ、衣装合わせから撮影中の旅という期間で、少女から大人の女性へと徐々に表情を変えていく内容となっている。

純白のワンピース姿でイベント会場に登場した染野。初めて訪れたという長崎・五島列島で撮影された同写真集を手にしながら「撮影で見た景色や協力してくださった方々のお顔を思い出して胸がいっぱいです」と写真集の出版を喜び、「今はデジタルの時代ですが、デジタル写真集ではなく紙で印刷して1冊にしてもらえるというお話だったので、紙で映えるようにデジタルだけでなくフィルムでも撮影させてもらいました。私もフィルムカメラを2年ぐらい使ってますが、フィルムで撮って欲しいとお願いしました」とフィルムならではの色味が出たという。

思い出に残るシーンについては「お風呂のシーンでは、初めて水着を着ないでの撮影だったのでかなり緊張しました(笑)」と照れ笑い。お気に入りをフィルムカメラで撮影した水着姿をあげて「懐かしい感じが好きで、昔のビールのポスターみたいな雰囲気が出ていて個人的にすごく好きです。見た瞬間にグサッと来ました」と満足げで、「私はクビレが出来にくい骨格なので、全身で見た時にクビレが目立つようにお尻のトレーニングを頑張りました。お尻派の方にはぜひ見て欲しいですね」とアピールした。

撮影のためにバッサリと髪の毛を切った染野。「後ろに髪の毛がないというのがすごく新鮮で、背筋がピンとします。後ろ姿を気にするようになりましたね」と心境の変化を明かすも、「写真集のテーマとして髪を切って少女から大人になる姿を表現しましたが、意外と幼くなったとか昔の中学生の私みたいだと驚かれたりします(笑)」と周囲の反応を。そんな彼女に今後の目標を問うと「プライベートの話になりますが、海外へ一人で旅をしてみたいです。お友だちがカナダのバンクーバーで留学していて、その友だちに会いに行きたいですね」と友だちとの再会を楽しみにしていた。