マツダ コスモスポーツ変化の変遷【外観 全景比較】フェンダースリット前のサイドマーカーが存在しないプロトタイプ|最終プロトタイプ・前期・後期でどこが違うのか|プロトタイプ主要諸元付き

最終プロトタイプ・前期・後期でどこが違うのか 1960年代、これほどまでにユーザーを期待させたモデルがあったであろうか。早い段階からエンジン開発がスタートし、モーターショーではプロトタイプの姿を数回にわたり披露してきた「コスモ スポーツ」。1967年から1972年まで販売された、人々の記憶に残るスタイリングだった。今回は最終プロトタイプから前期、後期をへて進化したその姿を振り返ってみた。

【 コスモ スポーツの進化 Vol.1 外観 全景比較】

フェンダーのスリット前にあるサイドマーカーがプロトタイプには存在しない。また、初期型の丸型から後期型の角形へと変更されているのが分かる。サイドのプレスラインはプロトタイプから大きな変更はなかった、ただ、スリットの形状はプロトタイプのなかでも数種あったという。

リアから眺めたシルエットに大きな違いはない。ただ、後期型のみホイールベースを伸ばしたので、後期型のリアタイヤの位置が他の2モデルと違うのが分かる。また、プロトタイプのバンパーが少し尖っているのが分かる。よりシャープな印象を受けるデザインだった。

バンパー下のアンダーパネルが後期型のみ大きく開いたタイプへと変更された。冷却効果を高めるために間口を広くしている。初期型であっても、後期型パネルを取り付け、オーバーヒート対策をするユーザーがいるほど。プロトタイプだけバンパーラバーが装着されていない。

テールランプ、2本だしマフラーはすべて同じデザインを採用している。市販車では左右対称に装着されているバックランプだが、プロトタイプは右側に1つだけ付いている。リアのバンパー両サイドに装着されたバンパーラバーは後期型のみに装着されている。

フロントボンネット前方のセンターに装着されているのが、ロータリーエンジンを形どったおむすび型のマツダエンブレム。プロトタイプのみ凹凸を残した立体的な形で、カラーは赤を基調にしている。また、エンブレムの実サイズが市販車のものと比べると大きいのが特徴。

フロントノーズの左ヘッドライト横に装着された「Cosmo」のエンブレム。プロトタイプにも同じロゴタイプのエンブレムが装着されている。この筆記体の書体はシリーズを通して共通。立体的なので角度によって見え方が変化する。

>> 【画像22枚】大きな違いはないリアから眺めたシルエット

マツダ コスモ スポーツ プロトタイプ

SPECIFICATION 諸元

全長 4155mm

全幅 1595mm

全高 1180mm

ホイールベース 2200mm

トレッド前/後 1250mm / 1240mm

車両重量 915kg

乗車定員 2名

最高速度 170km / h以上

最小回転半径 4.9m

エンジン型式 10A型

エンジン種類 水冷2ローター・ロータリー

総排気量 491cc×2

変速比 1速 3.379 / 2速 2.077 / 3速 1.390 / 4速 1.000

最終減速比 4.111

ステアリング形式 ラック&ピニオン

サスペンション前/後 ダブルウイッシュボーン・コイル / リーフ

ブレーキ前/後 ディスク / ドラム

タイヤ前後とも 6.45-15

【2】に続く