バーチャルレースのコンセプトカーが現実に!マクラーレン Solus GT発表

ゲームでデビューしたバーチャルのマクラーレン・コンセプトカーが、サーキット専用モデルとし現実世界にデビューした。

このマクラーレン Solus GTは、ゲームソフト「グランツーリスモSPORT」に登場する、マクラーレンの未来的コンセプトカーに命を吹き込むため、最高峰のモータースポーツから、スーパーカーやハイパーカーの開発まで、マクラーレンが培ってきた幅広い経験と専門性をフルに生かして誕生したものだ。

【画像】世界限定25台の特別なマシンを様々なアングルから(写真14点)

シングルシートを中央に配した印象的なコクピットデザインと、ジェット戦闘機を思わせるスライド式キャノピーを備え、乗り込み方法だけでもユニークな特別感がある。生産されるのはわずか25台ですでにすべてが売約済みだという。

車重は1,000kgに満たず、1,200kg以上のダウンフォースを発生する。5.2リッターの自然吸気V10エンジンは、最高回転数10,000rpm以上、840PSと650Nmを超える最高出力と最大トルクを発揮し、0-100km/h加速の目標タイムは2.5秒、最高速は200mph(320km/h)超。F1マシンに近いドライビングエクスペリエンスをもたらす衝撃的なモデルだ。

マクラーレン・オートモーティブのミハエル・ライタースCEOは次のようにコメントしている。

「McLaren Solus GTは、バーチャルレースの世界のために作られたマクラーレンのラディカルなコンセプトカーを現実化したマシンです。一般道の制約やレースのレギュレーションから完全に解き放たれ、マクラーレンのあらゆる専門性をフルに駆使して、現実のものとなりました。まさにマクラーレンの開拓者精神を象徴しています」

Solus GTは開発の初期段階において、限られた25台の購入を望む人たちに向けて、個別にプレゼンテーションが行われた。このような例は、McLaren Sabreの購入者を対象に行われただけだが、Sabreはアメリカ市場のみで認可を得たモデルだった。一方、今回のSolus GTはサーキット専用モデルで、オーナーは世界中に存在する。

Solus GTを予約した25名は、バーチャルの世界から現実の世界へと至るマシン開発の全段階で、細部に至るまで関与しているという。MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)が開発した新しいソフトウェアを中核に、各オーナーのビジョンを実現した。こうした個々のオーナーに合わせてカスタムメイドする手法には、一般的にラグジュアリーなエクスペリエンスやエンゲージメントと考えられる水準を超えて、さらに親密な関係構築を重視するマクラーレンの姿勢が反映されているといえるだろう。

マクラーレンSolus GTのデリバリーは2023年からの開始が予定されている。