壮絶ないじめと親からの否定…"令和のバズ女王" 高嶺ヒナが誕生するまで

強烈なキャラクターと独特な世界観でSNSを中心に人気を集める"令和のバズ女王"高嶺ヒナ。二次元の存在のように思える彼女だが、1stフォトブック『Lalka 〜偶像少女〜』(扶桑社)を発売するほか、2021年にはNHKにTV出演も果たす。圧倒的なビジュアル作りはどこから生まれたのか、そのきっかけを聞いた。

(前中後編の中編)

【写真】まさに偶像…"令和のバズ女王" 高嶺ヒナの撮り下ろし写真【5点】

──高嶺さんは醜形恐怖症に悩まされた時期があったそうですが、いつ頃から、その兆候はあったのでしょうか。

高嶺 小学3~4年生の頃からいじめられるようになって、人との優劣を意識し始めました。周りの目を気にするようになって、それが徐々に容姿のコンプレックスに繋がっていったんです。

──小学生の頃からゴスロリ系の服を好んで独自のファッションを追求したり、少ない水彩絵の具を工夫して絵を描いたりと、表現することに向かっていったのは、そういうコンプレックスやいじめ体験も影響していますか?

高嶺 そうですね。その当時は何かしら他人よりも抜きん出たいという思いが少なからずあったのかなと思います。いじめは中学生の時が一番酷くて、周りから「暗い」「オタク」「変わってる」といじめられる。いつ抜け出せるのかな……と、出口のない気分でした。でも絵で賞を獲ったり、先生に褒められたりすることで、表現に関しては自信を持つことができたので、もっと人より抜きん出れば、いじめられなくなるかなという期待もありました。

──親にいじめられていることは伝えていたんですか?

高嶺 伝えてましたけど、親も自分の子どもがいじめられているのが恥ずかしかったみたいで、「お前が悪いみたい」な感じで言われることもありました。本当に理不尽ないじめに遭った時は、学校に電話してくれることもありましたけどね。

──いじめは何歳まで続いたんでしょうか?

高嶺 高校の頭ぐらいまでです。さすがに高校生になると表立っていじめられることはなかったですけど、通りすがりに靴を踏まれたり、ひどい言葉を言われたりはありました。でも、中学時代に比べると、たいしたことはなかったです。

──中学時代の同級生が多くいる高校に進学したんですか?

高嶺 はい。地元の高校に進学しました。本気でいじめから逃げたければ、誰も知り合いがいないような郊外の学校に行くという選択肢もゼロじゃないかもしれないですけど、自分がやりたいことを優先した結果、その高校を選びました。

──いじめに耐えながら、自分のやりたいことを貫く原動力はなんだったんでしょうか。

高嶺 昔から反骨精神があるタイプで、他人に否定されても、自分がいいと思ってやっていることは貫こうと。そこで妥協して、やりたくもないことをやるだけで一生終わっていいはずがないと考えていました。実際、いじめられたり、親に否定されたりしても、芸術方面で成果を出すことができていたので、自分の考え方は間違ってないなと。最初は他人に認められたいと思っていましたけど、そうじゃなくて、自分が納得するものを作る。齢を重ねるごとに、そういう方向性に徐々にシフトしていきました。

──高校生になって、自身のコスプレ写真を発信するようになったそうですが、何かきっかけはあったんですか?

高嶺 小さい頃から漠然と初音ミクになりたい、みたいな気持ちがありましたし、小6あたりからAKB48が好きになって、二次元的なものや偶像的なものに惹かれるようになりました。ゴスロリやロリータが好きなのも、お人形みたいになりたいという欲求も、全て繋がっていますし、いじめられている今の状況を打破したいという気持ちが、「何者かになりたい」という思いになっていったのかなと思います。

──自分がアイドルになりたいとは考えなかったんですか?

高嶺 自分自身がアイドルを目指そうとは一切思わなかったですけど、アイドル衣装のプロデュースなどに関わりたいという気持ちはありました。

──実際、高嶺さんは現在アイドルの衣装プロデュースもやっていますし、「自分が納得するものを作る」という面でも結果を残していますし、モデルとしても活躍しています。学生時代に漠然と思い描いていたものが、1つひとつ実現していますね。

高嶺 まさに今の現状が答え合わせみたいな感覚です。

──コスプレ写真を投稿するようになって、初めてバズったのはいつ頃ですか?

高嶺 高2で本格的にSNSを始めて、高3になる前の春休みに黒ロリータの写真でバズりました。

──バズりたい気持ちはあったんですか?

高嶺 その時はフォロワー数も少なかったので、誰にも見られないよりかは、見られたほうがいいぐらいの気持ちでした。まあ当時は、もうちょっと今よりも承認欲求があった気がします。抑圧されていたのもあるし、今よりも苦しかったし、他人に認められない、他人から愛されないとか、全体的な愛情不足みたいものは絶対に感じていたはずなんです。そういう承認欲求を満たすには、バズって注目される、数字で認められるというのが大切だったと思います。

──フォロワーが一気に増えたきっかけは?

高嶺 大学1年生の頭ぐらいに「清楚系×ピアス」というテーマの写真で爆発して、そこからあれよあれよという間に万フォロワーになって、そこからは雪だるま式に増えていきました。当時の写真は技術やメイクなど、いろいろ追いついていない部分が多くて。以前は恥ずかしくて見るのも嫌だったんですけど、今は我ながら微笑ましいなと思える余裕もできました(笑)。

──SNSで発信する上で、自分なりのルールはありますか?

高嶺 コンプライアンスというか、不謹慎なものには気を遣って発信しています。私の写真はタバコを吸ってたり、目つきが悪かったり、治安の悪いイメージもあると思うんです。その中でも、ある程度は自分の中で線引きがあって。人を蹴落とすとか、人を不幸にするような表現はやらないようにしています。ただ、人によって価値観も違うので、私の意図とは全然別のベクトルから攻撃されることもあって。100%回避するのは無理なんですけど、自分なりの配慮はしようと意識しています。

【後編はこちら】令和のバズ女王が作り上げる"偶像"高嶺ヒナ「ポジティブなレタッチを推奨していきたい」

▽高嶺ヒナ

人形のような完全無欠のビジュアルとコスプレへのストイックな姿勢、芯の通ったメッセージなどで若者から支持を集める「令和のバズ女王」。モデルやコスプレ活動だけでなく、人気アイドルグループの衣装デザインや自身のアパレルブランドを展開するなど多才を発揮している。1stフォトブック『Lalka 〜偶像少女〜 HINA TAKANE PHOTOBOOK』(扶桑社)が絶賛発売中。ASETIAの公式サイトではイベント限定特典のフォトブックが数量限定で販売中。