「初キスを奪われた」「死んだフリして襲われた」セミにまつわるエピソード
ラジオの中の学校、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」。8月18日(木)の放送では、『セミサマーフェスティバル2022』を開催。パーソナリティのこもり校長が、10代のリスナーから届いたセミにまつわるエピソードを紹介し、感想を伝えました。



こもり校長:日本の夏といえばセミ! セミが鳴きやんだら今年の夏もおしまい! ということで、『セミサマーフェスティバル2022』を開催します。

――10代のリスナーから届いたセミにまつわるエピソード

【僕はセミに初キスを奪われました。去年、夜にヘッドライトをつけながら作業をしていると、その光に魅せられたセミが僕の口の中に……。今でも思い出したくなく、セミを見るだけで背筋がキュッとなります】(13歳)

こもり校長:イメージしただけで、「おおお~ぅ」だね(笑)。13歳……ファーストキスもってかれたのは、仕方ないね……(笑)。

【自転車で部活に行く途中、死んだフリをしていたセミに襲われてバランスを崩してしまい、危うく2メートルの高さから落ちかけました。セミ大嫌いです!】(15歳)

こもり校長:“セミ・ファイナル”ってやつだよね。足が開いているとギリ生きてる。足を閉じていると確実に死んでいる、という見分け方があるらしいからね。(自転車に乗っているときは)気をつけてね。

【玄関の横に木があるんですけど、夏になったらそこに大量にセミが来るんです。その木の横をどんなにそっと通っても、数十匹のセミが「ジジジジジィ!!」みたいな鳴き声を上げながら、一斉に木を飛び去るんです。ごくまれに汁も飛んでくるし……。だから6月ごろに、父親に「頼む! 枝数を減らすだけでもいいから、玄関横の木を切ってくれ!」って頼み込み切ってもらいました。結果、今年はセミに怯えずに、家の出入りができています】(16歳)

こもり校長:セミってすごい声なだけじゃなくて、汁を飛ばしてくるからね……。怯えずに家に入れるようになって、なによりです。

――この日の放送では……

・「気になっている先輩とセミの話題で盛り上がれたので感謝しているけど、距離感は大事にしてほしい」という15歳
・「セミが嫌いすぎて、いつかセミがいない北極の近くに引っ越したい」という15歳
・「セミの鳴き声が学校のチャイムの3倍くらい大きくて、宿題に集中できません」という12歳
・「ベランダで洗濯物を取り込んでいたら、大きなセミが落ちてきて30分くらい動けなくなった」という17歳

と、電話をつなぎました。

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/