玉城ティナ・ナチュラルなウエディング姿が公開、理想の夫婦像は「週末婚みたいな関係性」

玉城ティナが、海外ウエディング情報誌『ゼクシィ海外ウエディング2022Autumn&Winter』(8月23日発売)の表紙に登場している。

【写真】玉城ティナの美しすぎるウエディング姿【8点】

2012年講談社主宰オーディションの初代グランプリでデビューした玉城ティナ。2014年女優デビュー後、『Dinerダイナー』『惡の華』『ホリックxxxHOLiC』などに出演。アクターズショートフィルム2『物語』では脚本と監督を務めた。7月からはテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『NICEFLIGHT!』(毎週金曜よる11:15~0:15放送※一部地域を除く)に出演中だ。

玉城は今回の撮影が決まったときことについて「私がこういう幸せいっぱいの雑誌に呼ばれるんだなあって思って、びっくりしました(笑)。びっくりはしましたが、やっぱり『ゼクシィ』といえばドレスを着ることもできるし、すごくハッピーなイメージがあったので、選んでいただけて嬉しかったです」とコメント。

今回着用したドレスについては「身軽で、海外らしい解放感も感じられましたし、今の時代っぽいなあって思いました」と一言。さらに、特にお気に入りのドレスについては「どれもすてきでしたけど、ワンショルダーのドレスはラインがきれいですてきだったのでお気に入りです。また肩がリボンになっているドレスも体がきれいに見えるデザインでよかったです」と語った。

海外ウエディングのイメージについては「海外での結婚式はワクワクするイメージです。招待ゲストもすごく親しい方になると思うので思い出に残る結婚式になると思います。あと選ぶ国によって全然雰囲気が変わるだろうなと。日本で写真を撮るのとは景色や雰囲気も違うので。私はイタリアが好きなので、イタリアでの挙式は楽しそうです」と語り、恋愛観については「もうすぐ25歳になるので恋愛観はしっかりしてきました。見た目より中身が大事です。ちゃんと話し合えて、話を聞いてくれる人がいい。愛情表現もストレートに表現して欲しい。愛情表現がないと何のために一緒に居るんだろうみたいに思うので」と明かした。

理想の夫婦像については「週末婚みたいな関係性がいいです。自立した関係性だけど、何をやっているかはお互い分かっていて、お互いのことが好きだと周りにもちゃんと伝わっている結婚が一番いいなと思います」と語った。

【あわせて読む】谷まりあ・美しすぎるウエディングドレス姿が公開、理想の結婚相手は「嘘つかない人!」