元AKB48 野中美郷が8年ぶりにアイドル復帰「レッスン終腰が痛くて、超ブランクを感じた」

2008年にAKB48に加入し、みちゃの愛称で親しまれていた野中美郷。2014年にグループを卒業し、現在、元AKB48の岡田彩花、鈴木まりやらが所属する1年間限定アイドルユニットSAISONに加入している。なぜ、再びアイドルとしてステージに立とうと思ったのか、そしてAKB48卒業後どんなふうに過ごしていたのか、話を聞いた。(前中後編の前編)

【写真】アイドルユニットSAISONに加入した野中美郷の撮り下ろしカット【6点】

──1年間限定アイドルユニット「SAISON」に、残りの活動期間が約半年足らずという段階で加入したのは、どういう経緯があったのでしょうか。

野中 今年3月まで、3年ぐらい福岡に住んでいたんですが、前職を辞めて、次は何をしようかなと考えた結果、以前働いていた大久保にある焼き肉店「IWA」に戻ることになりました。

──元AKB48の内田眞由美さんがプロデュースするお店ですよね。

野中 そうです。ところが同じタイミングで、AKB48で一緒だったまりやんぬ(鈴木まりや)から突然夜中に連絡があって、その時は酔っぱらっているのかなと思って出なかったんです(笑)。それで翌日に「どうしたの?」って電話したら、まだ東京に戻ることも伝えていなかったのに、いきなり「SAISONどう?」って誘われて。後から詳しく聞いたら、まりやんぬはSAISONのプロデューサーに「SAISONをもっと大きくしたのだけど、いい人いないかなぁ」と相談を受けていたみたいです。

──野中さんはSAISONの存在を知っていたんですか?

野中 存在は知っていたんですが、福岡にいたのでライブには行けてなくて。正直、どんなグループかもあんまり分かっていなかったから、その時に5時間ぐらい電話で話して。すぐには決断ができなくて、「とりあえず関東に戻るから、ライブを1回見に行かせてほしい」とお願いしました。それで東京に引っ越して、すぐに対バンライブに行かせてもらったんですけど、その時点でSAISONに加入しようという気持ちは固まっていました。

──内田さんにはIWAに戻ると伝えていた訳ですよね。

野中 眞由美からしたら、「話違わない?」って思いますよね。実際、SAISONに加入することを伝えたら反応が悪すぎて、「これは駄目かも知れない……」と。当たり前ですよね。私から戻りたいと言ったのに、全然シフトに入れなくなる訳ですから。それに私の言い方も、「決断した!」みたいなテンションじゃなくて、「今考えていて……」みたいな曖昧な感じだったので、今までにないぐらい気まずい雰囲気になってしまい(笑)。その頃、眞由美も舞台のお仕事をやっていたから集中モードだったので、舞台が終わるまでは余計なことを言わないようにしようと、その日はそれで話も終わりました。

──正式に内田さんに認めてもらうまでは気持ちも落ち着かないですよね。

野中 まさに落ち着かない気持ちのままIWAで普通に働いていて、舞台が終わったタイミングで、「今日こそ絶対に言おう!」と思ったけど、なかなか怖くて言い出せなくて……。一杯ビールを飲んで勢いをつけて、「SAISONに入ることにしました!」と言ったら、眞由美が「おめでとう」と拍手をしてくれたんです。たぶん私が、どっちつかずな感じで言ったのが嫌だったんでしょうね。それからはSAISONの活動をメインにして、ライブもレッスンもない日は、IWAに入っています。

──そもそも鈴木さんからの誘いがなかったら、アイドル復帰をしようとは思わなかったんですか?

野中 自分からやりたいという気持ちはなかったんですけど、まりやんぬは「みちゃがSAISONに入ったら楽しくやってくれそう」と感じて、誘ってくれたみたいです。あと、まりやんぬとはプライベートでも仲が良いんですけど、一緒にカラオケに行くことが多くて。楽しそうに歌う私を見て、まだ歌いたいんだなと思ったみたいです。確かにAKB48を卒業してからも歌うのは好きでしたからね。一人ではそんなきっかけを作れなかったし、「また、みちゃが歌って踊ってる姿を見られてうれしい」というファンの方のツイートも多くて、まりやんぬには感謝しています。

──SAISONに入ろうと決断した決め手は?

野中 期間限定だから、この日まで頑張ろうという明確な目標がありますし、SAISONのライブを見て、私が思っている少人数のアイドルグループとはイメージが違うなと感じたのも大きかったです。アイドルってブリブリな曲や衣装で、しゃべり方や雰囲気も可愛いに寄せがちですけど、SAISONはみんな大人で、いろいろな経験をしているだけあって落ち着いていて、ここだったら馴染めるんじゃないかなと。みんなアイドルとしては年上のほうだけど、見え方としては無理してないなと感じたんです。

──同時期に加入した石田晴香さんも、野中さんと同じような経緯でSAISONのメンバーになったのでしょうか?

野中 はるきゃんは私の後に加入がきまったんですけど、きっかけは今年5月にまりやんぬの生誕ライブがあって。ライブが終わった後、ゲストとして出たメンバーで、IWAで打ち上げをしたんです。同窓会みたいなテンションでご飯を食べていたら、みんなの前でまりやんぬが「みちゃがSAISONに入るんだよ」とポロっと言って。まだ私は誰にも言ってなかったので、みんながビックリしている中、はるきゃんが「いいな」みたいなことを言ったんです。そしたら、すかさずまりやんぬが「はるきゃんも入ったらいいのにー」と言って。そしたらとんとん拍子に話が進んで、同時期に加入することになりました。

──AKB48を卒業してから、ステージでパフォーマンスする機会はあったんですか?

野中 AKB48時代に仲の良かった子が生誕祭などをやる時に、ゲストで参加して2,3曲歌うことはありましたけど、本格的にパフォーマンスすることはなかったですね。

──がっつりパフォーマンスするのはAKB48以来ということですよね。

野中 そうですね。卒業して8年近く経っているから超ブランクを感じました(笑)。記憶力もヤバいし、「こんなに歌や振り付けを覚えられなかったっけ?」というぐらい覚えられなくて……。すぐには俊敏に動くこともできなかったし、レッスンが終わった後なんて腰が痛くて、年を取ったなと実感しました(笑)。

【中編はこちら】元AKB48・野中美郷 今だから言える卒業理由「すっきりしない気持ちのままいるのも違うな」