Kis-My-Ft2が“真のカッコイイ男”になるために、“脱ブサイク”を目指して様々な難題にチャレンジする番組『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系、毎週木曜24:25~)。8月18日の放送では、番組10周年を記念した特別企画「キスブサ抜き打ち旅」が行われる。

番組発足以来、多忙を極めてきたメンバー7人全員が久しぶりに集まったプライベート感満載の木更津旅行がスタート! 旅の始まりである新スポットのカフェでは、それぞれが好きなドリンクをオーダーし、和気あいあいな幕開け。モーニングタイムでは、宮田俊哉の試食レポが飛び出すなど、“中堅のテンション”がにじみ出る観光ロケが進んでいく。

普段のスタジオを飛び出したメンバーの“素”が垣間見える自由気ままな時間が流れていくと思いきや、序盤の旅気分は、急きょ一転する! メンバーの口から「楽しみ旅ではなさそうだよね……」と徐々に弱気発言がこぼれ始め、不穏な空気が流れ出す。そして、次の移動先を目指す彼らのもとに、突如として番組が仕掛けた「お題」が出題。本来の趣旨である「抜き打ち旅」が幕を開ける!

ロケ先に登場した「マイコ」の姿を見るなり、一同苦笑いで企画意図を瞬時に把握。ジャニーズなのに、“ブサイク”と言われ続けて10年間という月日が経過。今回は、彼らの進化を問うべく番組が次々とゲリラ企画を用意。これまでの10年間でそれぞれが“カッコいい”を目指したその成果を証明すべく、メンバーは次々と企画に挑んでいく!

特別企画の第1週目となる今回の抜き打ちテーマは、2015年に挑戦した「彼女をキュンとさせるカッコいいバスケ」。急なスタートに、メンバーも思わず、「ちょっと、いきなりすぎるよね……」とタジタジ。トップバッターの二階堂高嗣がチャレンジを終えると「俺が(次の人を)決める!」と挑戦者指名制度をいきなり発令。二階堂から「1人ずつ、俺のよかったところを」と全員が順番に回答を求められていく。メンバーそれぞれが口にした二階堂に対する苦しい“ヨイショ”は必見!

さらに、若々しいメンバーの姿を振り返るVTRは、ファン必見映像のオンパレード。スタジオには、ご意見番“ビッグ3”でもある大久保佳代子、若槻千夏、ベッキーら、10周年の審査員に相応しいゲストが登場。若槻は「大人になってない!」と10年の月日を全面否定!? 玉森裕太のVTRに対する7年前の分析を踏まえたコメントに、玉森本人は「そんな分析しないでいいですよ……」と自信喪失。

また、ベッキーから「全然、中堅じゃない! 新人な感じがした」と厳しい言葉を次々と浴びせられたのは誰? 果たして、キスマイメンバーは“ブサイク”を脱し、成長した“カッコいい”姿を見せつけることができるのか。計5か所のスポットに仕掛けられた抜き打ち企画に挑んでいくキスマイメンバーの喜怒哀楽旅が5週連続で放送される。

<玉森裕太 コメント>

――収録を終えていかがですか?

なかなか(メンバー全員で)ロケに行くタイミングもないので、10周年というタイミングで、お世話になっている番組でこういうことができたのも“節目”としても気持ち良いです。見てくださった方々に喜んでもらえる30分になってくれたらと思います。

――7年前と同じチャレンジでリベンジは果たせましたか?

いや、できないですよ! できていないですよ、全然。なかなかそう簡単にリベンジは無理なんですよ。10点くらい(笑)。