清原果耶が、10月スタートの日曜ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)で、主演を務めることがわかった。清原は、日テレ系ドラマ初主演となる。

原作は、相沢沙呼による累計50万部突破の大ヒット小説「medium 霊媒探偵城塚翡翠」(講談社文庫)。「このミステリーがすごい!2020年版」(国内編)1位をはじめ、「2020本格ミステリ・ベスト10」1位、「2019年SRの会ミステリーベスト10」1位、「第20回本格ミステリ大賞」受賞、「2019年ベストブック」選出など、ミステリーランキングを総ナメにした超話題作。

同ドラマは、“霊が視える”という能力を持つヒロインが、死者からのヒントを頼りに「霊媒探偵」として難解な事件と向き合っていく物語。霊視には証拠能力がないため、誰からも信じてもらうことができない。では、一体彼女はどんな方法で事件を解決に導いていくのか――? 緻密に構成された物語が、あっと驚く展開につながっていく、新たなミステリードラマが誕生する!

犯人が視えるという個性派ヒロイン・城塚翡翠(じょうづか・ひすい)を演じるのは、連続テレビ小説『おかえりモネ』のヒロインを始め、数々の映画賞を受賞するなど、近年目覚ましい活躍を見せる若手実力派女優の筆頭の清原。この度ドラマ化の発表に際して、人気イラストレーター・遠田志帆が描いた原作表紙イラストをオマージュした、清原の撮り下ろしショットも解禁された。

<清原果耶 コメント>

――原作を読んでの感想は?

とても面白くて、最初から最後まで一気に読んでしまいました。伏線がたくさんあり、「あ、ここも?」「これもだ!」と、ずっとドキドキハラハラしっぱなしでした。出てくるキャラクターがみんなくせ者で面白く、ドラマ化されたら絶対に楽しいだろうと感じたので、頑張らなければと思っています。

――城塚翡翠という主人公の魅力をどう感じましたか?

霊媒師として存在する翡翠は、一見とてもミステリアスで近寄りがたいのですが、その一方で、身近な人に見せる、天真爛漫でどこかおっちょこちょいなところや、この子を守ってあげたいと思ってもらえるような部分も持ち合わせています。そういった女性像の演じ分けが、今から楽しみです。

――今日初めて翡翠の衣装・メイクでカメラの前に立ったかと思いますが、感想はいかがですか?

こういう(女の子らしい)服を着る役はこれまで演じたことがなかったので、新鮮な気持ちです。メイクも今までにないくらいしっかりしたメイクなので、それがとても楽しいです。翡翠の特徴である緑の瞳はカラーコンタクトで作るので、似合うかなと不安ではあったのですが、今日つけてみて少しずつ馴染んできているように感じています。今回は原作もありますし、いろいろなところから情報を得られるので、ここから城塚翡翠の中身を詰めていくのが私の役目だと気を引き締めています。

――城塚翡翠は“霊が視える”という能力を持つキャラクターですが、清原さんはご自身に不思議な力を感じたり、不思議な体験をしたことなどはありますか?

ここぞというときには必ず天気が晴れるパワーを持っている気がします。先日、絶対に晴れていなければならない日の出のシーンの撮影があったのですが、2日連続、晴れました! 

――最後に、この作品を楽しみにしている視聴者の皆さんへメッセージをお願いします。

原作がとても面白いので、それと合わせてドラマも楽しんでいただけたらいいなと感じています。もちろんドラマならではの表現であるキャラクター像や、画の美しさ、心理描写なども、とても綿密に作られていくと思うので、ぜひ10月のスタートを楽しみにしていただけたら嬉しいです。

<日本テレビ プロデューサー・古林茉莉 コメント>

このドラマの主人公・城塚翡翠。まだ言えないことが多いのですが、ここだけの話、とてつもなく面白いキャラクターです。

小説発売当時、表紙に描かれた主人公の姿に惹かれ本を手に取り、あまりの面白さに鳥肌が立ちました。そして今回、役をまとった清原さんを見た瞬間に、あの城塚翡翠がついに現実世界に舞い降りてきた! と再び鳥肌が立ちました。清原果耶さん、恐るべき女優です……! 

清原さんご自身、透明感に溢れ、画面のなかにどこか神秘的な雰囲気をまとった、まだ20歳とは思えない不思議なオーラのある役者。いつかご一緒したいと願っていましたが、ついにオファーが叶いました。城塚翡翠というキャラクターの持つミステリアスさをしっかりと表現していただき、これはもはや鬼に金棒……きっと皆さんもまだ見たことのない、新しい清原果耶さんがたくさん詰まった作品になるはずです。我々も今からワクワクが止まりません!

緻密に構成された素晴らしい原作をもとに、はっと驚く体験がぎゅっと詰まった<サプライズなドラマ>をお届けできればと思います。探偵ドラマ史に新たな名を刻むであろう最強ヒロインの物語を、スタッフ一同一生懸命製作中ですので、ぜひご期待下さい。