山崎怜奈も大絶賛! 元祖キャンプ芸人・阿諏訪泰義 旨味成分のトリックを応用した「万能スパイス」を考案!
山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」。8月17日(水)の放送では、キャンプ&料理芸人の阿諏訪泰義(あすわ・たいぎ)さんをゲストに迎えて、お送りしました。

(左から)パーソナリティの山崎怜奈、阿諏訪泰義さん

お笑い芸人のヒロシさんとともに、いち早くソロキャンプを楽しんできた元祖キャンプ芸人の阿諏訪さん。現在はYouTube公式チャンネル「野あすわ」を運営し、キャンプにまつわるさまざまな動画を発信しています。

そんな阿諏訪さんが、キャンプにハマったきっかけは、普通に行ってみたら「楽しかったから」。「みなさんと同じように、夏休みに友達とレンタカーでキャンプに行き、バーベキューをして花火をして帰ったら、それが楽しすぎて。10月になって、周りにキャンプに行く人がいなくなってもどうしても行きたくて。最終的にひとりで行くようになった」とソロキャンプに至った経緯を語ります。

今でこそ、ソロキャンプは当たり前になりましたが、ハマったばかりの頃は全然ソロキャンプをしている人なんかいなくて、それこそキャンプ場に予約をしようとしたら「キャンプにひとりで来るなんてダメです!」と断られたこともあったそう。そんな経験もしただけに「今は(ソロキャンプも)市民権を得ている、勝ち取りました! 堂々と行けます」と喜びを口にします。

ここでれなちからは、初心者におすすめのキャンプ先についての質問が。これに阿諏訪さんは「今住んでいるところから1時間以内で行けるところ」と答えます。なぜならキャンプ自体が、けっこう疲れるため「(初心者は)なるべく近場で試してみて、ハマったら山奥のほうに行くようにしていけばいいと思う」とアドバイス。

ちなみに、阿諏訪さんが最も攻めたキャンプ地は標高1,500メートルで半径1~2キロ誰もいない山奥や、夜中に檻に捕まった猪が鳴いているところだそう。

キャンプ芸人であると同時に、料理芸人としても活動する阿諏訪さん。料理においてはお店の味を完全に再現する“サイゲン大介”として活躍。その驚異的な才能は坂上忍さんから“神の舌”と称えられたほどで、阿諏訪さん自身「大体、1度食べれば8~9割ぐらい同じ味にできる」と胸を張ります。

そんな阿諏訪さんは、オリジナルのスパイス「阿諏訪の出汁スパイス 箔」をプロデュース。クラウドファンディングでプロジェクトがスタートし、今夏販売が開始されると、すぐに完売。現状は売り切れ状態が続き、現在、阿諏訪さんも手元にないと言います。

このスパイスに関しては、かねてから「こんなスパイスは世の中にない」と密かに温めていたそうで、今春の独立後に製作開始。実際の商品を前に、れなちは「めちゃくちゃホタテの香りがよくて、これはいいですね!」と興味津々。阿諏訪さんいわく、どんな料理にも合う「万能スパイス」。

というのも、世の中に数多くある旨味成分は、異なる2種類を組み合わせると旨味が倍増するとのこと。そこで今回は、既存の食べ物にあまり含まれていないマイナーな旨味成分、貝類に少しだけ含まれている“コハク酸”を使って調合。そうすることで、どんな旨味成分ともマッチし、旨味が倍増すると解説。

阿諏訪さんは「お肉にもいいし、魚や野菜にも合う。どんな食材でも風味を殺さず、旨味を持ち上げるスパイスです」と太鼓判を押します。

これには思わずれなちも「すごっ!」と声を上げ、「中華スープにしてもいいし、チャーハンに入れてもいいし、野菜炒めにも良さそうですね」と感心しきり。

阿諏訪さんによると、最も味の違いがわかるのはお肉だそうで、お肉を焼いてまずは塩だけで食べ、その後に塩とこのスパイスで食べると、旨味の違いが一目瞭然。また、卵かけご飯にも最適と言い「卵がグルタミン酸の旨味なので、そこにこれをかけるともう止まらないですね」と自信たっぷりに語っていました。

<番組概要>

番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。

放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55

パーソナリティ:山崎怜奈

番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/