岡本健一が語る、27年ぶりに始動させた伝説のロック・バンド

今年4月に演劇の世界で紫綬褒章を受章し、7月には男闘呼組を29年振りに復活させた岡本健一。その岡本健一がMotmと意気投合して1991年に結成し、川上シゲ(カルメン・マキ&OZ)の1993年の正式加入によって本格的に活動を開始させたバンドがADDICT OF THE TRIP MINDS(アディクト・オブ・ザ・トリップ・マインズ)である。

【写真を見る】岡本健一

オルタナティブでサイケデリックな轟音サウンドと、今の時代に刺さるような歌詞世界とで、ライブでは圧倒的な世界観を体感させるロック・バンドだ。1994年にメジャーから1stアルバム『ADDICT OF THE TRIP MINDS』をリリースし、翌年の1995年に解散。昨年12月5日に渋谷VISIONで行われたライブで27年振りの復活となった。今年3月10日のクラブチッタ川崎で行われた二回公演では、昼と夜、全く違うステージで観客の心を鷲掴みにしており、9月には大阪公演と川崎公演が控えている。

ー最初の音楽との出会いは?

岡本健一 うちの父の車の中ではジャズか落語がずっと流れてたんだよね。俺はそれを聴いてただけなんだけど、オスカー・ピーターソン、アート・ブレイキー、エルヴィス・プレスリーとかが常に耳に入ってくるから、自然に覚えてしまうよね。

ー自分で選んだ音楽でスゴく好きになったものはあります?

岡本健一 デュラン・デュラン、AC/DC、デフ・レパードとかかな。『ベストヒットUSA』を観てたし、貸しレコード屋さんに行ってアルバムを借りて聴く楽しさはあったよね。でもやっぱりクワイエット・ライオットとか、ハードロックにヤラレたのかな。15歳で昭次(成田昭次)に会って、昭次からギターを教えてもらって。音楽を聴いてただけだったのが、プレイするとこれだけ楽しんだってなったんだよね。

ーダンスレッスンよりもギターを弾く方が好きだったんですよね。

岡本健一 ダンスレッスンって男ばかりだから。ダンスって、女の子と踊るもんじゃないの?と思って(笑)。ディスコのチークタイムでスパンダー・バレエの曲が流れて、年上のお姉さんを誘って、抱き合うだけでドキドキする、それがダンスだと思ってたから。それに、振り付けで踊りを踊るってこと自体が初めてだったし、他のみんなが異常に踊りが上手かったわけよ。少年隊もめちゃめちゃ上手いし、ジャニーズJr.のダンスレッスンで一番前にいるのは少年隊のバックで踊れるような子たちだったから。振り付けを覚えて30分後にはみんな踊れるんだけど、俺は全然覚えられなくて。「これ、全然覚えられない。楽しくないぞ」ってなって。その時はジャニーズの合宿所に住んでたんだけど、昭次からマイケル・シェンカー・グループの「Armed & Ready」のバッキングを全部覚えろって言われて。ギターが2本あれば曲を弾けちゃうし、俺のギターに合わせて昭次がソロを弾いてくれるとめちゃめちゃ楽しいわけよ。そのままみんなでスタジオに入ろうぜってなったら、それはそれで面白くなってきて。16歳の時に、ダンスよりもこっちの方が全然楽しいじゃんってなって、ダンスレッスンをやっても他のヤツらには追いつくわけがないって思ったから。だからダンスを休む口実でスタジオに入り始めた感じだよね。

メンバーとの出会い

ー自分で自分の進む道を作ったようなものですね。

岡本健一 あと、よっちゃん(野村義男)がいて、ギターを教えてくれたのも大きかった。よっちゃんはめちゃめちゃ上手くて、「ヴァン・ヘイレンを弾いてくださいよ」って言うとすぐに弾いてくれるわけ。この人は天才だなと思って。そこでまたちょっとした劣等感も生まれて。俺は同じギターでも違う道を行こうってなって。リードギターは全部昭次にまかせよう、俺はバッキングだけで、あとは動き回ってりゃいいやと思って(笑)。あと、突っ立ってるギタリストになかなか惹かれなくて。やっぱりギターを弾くには腰が大事じゃないかと思って。バウハウスのダニエル・アッシュとかジョー・ペリーとかさ、カッコいいじゃん。ジョー・ペリーの音はめちゃめちゃ悪くて、もう一人のギターの方が上手いんだよ。でもギター・ソロでジョー・ペリーが出てくると何か盛り上がるんだよね。だから、グルーヴで攻めていこうとか、そういうのはあったよね。ただ、男闘呼組でアメリカに行くことになった時に、撮影用にスゴい広いところでアンプを用意したんだけど、そこで音を出したら異常に気持ちが良くて。やっぱりハードロックって、大地と太陽とあのアメリカのデカさがあって生まれるんだろうなっていうのがわかってしまったんだよね。あと、アメリカ人の身体のデカさ。歌番組でボン・ジョヴィとかと一緒になったりすると、めちゃめちゃ身体がデカいわけよ。レスポールが小っちゃく見えるっていうかさ。それで途中から違うなって感じてきて。そこからエコー&ザ・バニーメンの1stアルバムとか、ブリティッシュ系のちょっと暗い感じの方に行って、影響を受けるようになって。それにU2とかはスゴい社会派だったりするじゃん。そういう思想を持って音楽を作るってなってくると、だんだん路線が変わってくるよね。それで自分の好きなものだけやっていったのが、ADDICTの方につながっていくんだよね。

ー1991年に寺田倉庫でMotmと始めたCLUB ADDICTは、日本初の本格的なロック・パーティとなりましたが、このCLUB ADDICTはどのように始まったのですか?

岡本健一 ロスに行った時に、ロックが流れてるバーとかクラブがいっぱいあって。これって日本にないんじゃないの?と思って。でも日本でロックが流れるところって、RED SHOESとかROLLING STONEぐらいしかなかったから。でも、そういうのじゃなくて、大音量でロックが聴ける場所が欲しい、やっぱりポールダンスが欲しいんだよと思って。それをMotmに言ったら、「じゃあ俺たちでやればいいじゃん」ってなって。いい場所があるからって、寺田倉庫を借りるところから始まったんだよね。

Motm 俺は車を売って、ポールダンスのステージを作ったんだよね。ポールダンサーのいるパーティはCLUB ADDICTが日本初だと思うよ。

岡本健一 CLUB ADDICTにはDJがいて、ダンサーがいて、ライブもできて。別セクションでチルアウト・ルームもあったじゃない。川沿いの方で、全部ブルーのライトにして、ソファーも入れて。そこも大事だったんだよね。

ーCLUB ADDICTではセッションでライブもやりましたよね。ADDICT OF THE TRIP MINDSはそういうところから始まったんですか?

岡本健一 CLUB ADDICTで何度かセッションでライブをやったね。その前に、自分の中でけっこう曲がいっぱい集まってたんだよ。男闘呼組のボツ曲みたいなのがいっぱいあったから。絶対いいのになって思ったんだけど、ことごとく断られて。でも、確かに1コードだけじゃダメだよなと思って。それでMotmと知り合った時に、Motmの家の地下にはスタジオがあって、音が出せたんだよね。曲があるからちょっとやっていい?って言って。誰かにベースを弾いてもらって、俺がもう一人ギターを連れてきて、やってみたらけっこう良くて。そこから、CLUB ADDICTをやりつつ、アルバムを作るためのライブをやってこうよっていう感じになったんだよね。

Motm その前からいろんなミュージシャンを呼んでジャムもやったよね。TAIJI(ex. X JAPAN、LOUDNESS、D.T.R)も来たし、よっちゃんもうちの地下に来てた。

岡本健一 タッカン(LOUDNESSの高崎晃)も来てたね。「ベースがやめたから、タッカン、ベース弾いてくれない?」って言って。新曲を作るのにデモテープで弾いてもらったこともあったね。

ーベースに川上シゲが加入したいきさつは?

岡本健一 シゲさんを紹介してもらった時に、あの人、カルメン・マキ&OZで弾いてたし、今はプロデュースみたいなこともやってるから、若いベーシストを紹介してもらおうと思ったんだよね。それで、ライブ・ビデオとか、こんな曲をやってるんですっていうのを見せたら、「俺がやりたい」って言われて。初めてシゲさんの音を聴いた時はちょっと衝撃だったよね。しかもMotmの家のスタジオでさ、大音量であのベースを聴いた時に、俺らの曲ってこんなにも変わるの?!ってなって。そこからより自由度が増していったよね。

27年ぶりに集結、その理由とは?

ー27年経って、再びADDICT OF THE TRIP MINDSをやろうと思ったのは?

岡本健一 コロナになる前の、U2を観に行った時に言ってたよね?

Motm 昔、ロンドンのウェンブリー・スタジアムにU2を一緒に観に行ったんですよ。U2を観に行ったのはその時以来で。ライブを観たらやっぱりバンドっていいよなって話になったんだけど、その時は話だけで終わって。コロナが始まってから連絡を取り合うようになったんだよね。

岡本健一 飯でも食おうよって言って。その時にADDICTを復活しようよって話をしたんだよね。

Motm 「シゲさん、まだ生きてるよ」って言ったんだよ。

岡本健一 その前に調べてたんだよ。そしたらシゲさん、カルメン・マキ&OZをやってて、全然いけてんじゃんと思って。すぐにシゲさんに連絡を取ったら、やるよって言って。新しいギターもシゲさんが志門(田中志門)を連れてきてくれたんだよね。

ー27年振りにADDICT OF THE TRIP MINDSをやってみた時の感触はどうでしたか?

岡本健一 スタジオで音を出して歌を歌った時に、瞬時に今になった感じがしたよね。これはイケるなと思って。そこから曲数を増やして、次はアルバム全曲をやろうよってなって。シゲさんが、「もう今できるよ。ライブをやろう!」って言って。早かったよね。

Motm 去年の9月ぐらいにやろうって言って、12月の頭にはライブをやってたから。

岡本健一 10月にはライブ会場も決まってたよ。スタジオの帰り道に大造さん(村田大造)に会ってさ。VISIONで配信ライブをやらないかって誘われて。100人限定で人を入れて、配信でやって。27年振りのライブだったんだけど、なかなかいいライブになったと思うんだよね。ライブのステージ上でしか味わえない時間があったし、それを聴いたお客さん、スタッフの反応も良かったので。これは続けていきたいなと思ったんだよね。

ー二度目のライブとなる今年3月のクラブチッタでは、一日に昼公演と夜公演をやって、圧倒的な世界観を見せましたね。

岡本健一 自分でも予想がつかないんだよね(笑)。昼と夜の世界観は変えようっていうのはあったけど、どういう風に変えようかっていうのは全然なくて。昼の部の時も10分ぐらい前になって、「志門とシゲさんで二人でやってて。俺は客席から出るから」って言って。「とりあえず俺、ポエトリー・リーディングするから」って。そういうオープニングだけ最初に思いついて。それでしゃべりだしたら止まらなくなっちゃった(笑)。

ーあのライブを観た時に、懐かしさとかは全然感じなくて、今の生きている音楽だと感じたんですよね。

岡本健一 戦争のこともダイレクトにあったからね。Motmの奥さんはウクライナ人だし、彼女の友達とも会ったんだけど、この人たちの母国で戦争が起こってると思うとさ、「ライブ、イエー! 最高!」っていう風には絶対にならないよね。戦争に対する思い、感じてることを一回このライブで吐き出さないといけないと思って。それに、自分たちにとっても、ライブ会場にいる人たちにとっても、この時間は本当に奇跡的だと思ったし、元気でここにいるのがどれだけ大事かっていうこと、こうやってここで俺たちのライブにいればちょっと日常を忘れられるよということ、そういうことがやっぱり大事だと思ったんだよね。ある種、素面でトリップするわけだから、ちょっと想像がつかない感情が出てきたりもする。そこをどんどん提供していきたい感じなんだよね。

ーあのライブではすでに新曲もやりましたよね。

岡本健一 曲もいっぱい出来てる。今レコーディングもしてる。「え、次のADDICTの新曲、こんな感じになったんだ?!」って感じになると思うよ(笑)。

ー今度9月にやるライブはどのようなものになりますか?

岡本健一 今まで東京以外でやったことがないから、初めて大阪でライブをやるっていうのがポイントだよね。大阪って、お客さんの音楽に対する楽しみ方が違うと思うから。あと今回、Free REC シートっていうのを作っていて。その席に座る人たちは、カメラとかスマホとか撮影・録音機材を使って、勝手にどんどんアップしてよくて。同時中継で撮って流してもいいし、自分のものにしてコレクションにしてもいいんです。ちょっとだけ値段が高いくらいで、とにかく自由にやってもらってもらってかまわないシートなんですよ。

ー今度のクラブチッタでも、前回同様、2公演、昼と夜とで全く違う世界観でやるんですよね。

岡本健一 前回と同じと言っても、曲も変わるし、曲調も変わるんだけど。昼の部では、できればみんなで寝転がりながらライブを観てほしいんだよね。最終的には席がパイプ椅子になるかもしれないけど、ダウナーな曲をいっぱいやって、まったり、だらだらしながらどっぷり聴けるような感じにしたくて。それで夜公演は、その真逆みたいな感じにしたい。あとは曲数を減らして1曲の時間を長くしたいかな。

ー今後の活動でさらに考えていることはありますか?

岡本健一 YouTubeとか映像かな。TV ADDICTみたいな感じで、映像でいろんな人とインタビューしたり、セッションをしたり、チャンネルみたいな感じでやりたいね。アルバムの方はまだ時間がかかるかな。

ー男闘呼組の活動でも忙しくなりますよね。男闘呼組の方はいつからまたやろうと思っていました?

岡本健一 3年ぐらい前だね。男闘呼組はずっとやるつもりでいたから。男闘呼組は活動休止って言って終わったんだけど、活動休止っていうことは再開しないと嫌だなっていうのが常にあって。2019年にジャニーさん(ジャニー喜多川)のお別れ会の時に昭次と会って。そこからだよね。2023年がちょうどデビュー35周年で、活動休止してから30年に当たるんですよ。だからこれに合わせて、これを目的に活動再開しようと思ったんだよね。

ー7月16日放送のTV番組「音楽の日2022」に出演した時も、メンバー全員がカッコ良くて、演奏も完璧に仕上がっていましたね。SNSやYouTubeのコメント欄を見ても、みなさん大絶賛じゃないですか。

岡本健一 みんなこんなに求めてくれてたんだなと思って。活動休止は自分たちで決めたことなんだけど、急なことだったし、すでに決まってた全国ツアーを中止にしたから。だから来年には全国を回れればいいなっていうのは思っていて。でもその前に、10月にやるライブと「音楽の日2022」の反響が良くなかったら、来年はないんじゃないの?と思って。だから来年ちゃんとやるためにも、「音楽の日2022」はポイントだったのかな。でも、実際はそんな気負いも別になく、みんなでやってるだけで楽しかったね。

ーここに来て、ADDICT OF THE TRIP MINDSと男闘呼組をやることになって、人生の中で再び音楽の比重が増えてきましたが、どんな感覚ですか?

岡本健一 同じように舞台も一緒にやってるから。環境と人が変わるとマインドも全然変わってくるんだよね。舞台をやってるから音楽にも反映されると思うし。音楽がメインにあるから、たぶん普通の役者さんとはまた演技が違うんじゃないかなって思うよね。このシーンのこの場面は、あの曲のあの感じを出したい、とか思うわけよ。クラシック音楽でチェロだけが残って、そこからまた盛り上がってくる感じを、このシーンでやるにはどう表現したらいいんだろう?とか。芝居をする時に音楽が連動してるんだよね。

ー音楽をやっている時はリアルな自分ですか? それとも何かを演じています?

岡本健一 全部リアルな自分なんだけど、日常とは違うよね。いきなり生ドラムの音が入ってくると、みんなの気分もテンションも変わるじゃない? それと同じような感じで自分も変わってくるから。このままじゃいけないんじゃないか?とか、そんなに幸せじゃないんじゃないか?とか、もっと大変なことがいっぱいあるんじゃないの?とか、そういうのを吐き出す部分はあるよね。幸せな人間よりも幸せじゃない人間の方が絶対に多いと思ってるし。そういう部分が基盤を作ってるような感じがするんだよね。

ーでも、そういうところがロックならではの表現だと思いますね。

岡本健一 楽しさよりも悲しみの方が出てくる感じはするよね。あとは、怒り。何かに対して怒ってるわけじゃないけど(笑)。でもやっぱりギターのフレーズとか、シゲさんのベースとか、ドラムの音があると、高揚感とかアドレナリンといったものは瞬時に生まれてくるよね。どう考えても普通の状態からは生まれないような感情みたいなものが、ステージ上にはあるし、それはお客さんも同じことだと思うんだ。

岡本健一

<INFORMATION>

●ライブ情報

大阪公演

9月3日(土)umedaTRAD

OPEN 15:30 / START 16:30

川崎公演

9月16日(金)CLUB CITTAʼ(二回公演)

Afternoon Chill Out Session(昼の部)

OPEN 13:30 / START 14:00

Night of Blow(夜の部)

OPEN 18:00 / START 19:00

前売り:¥8,800当日券:¥9,900

昼・夜通し券(川崎公演のみ):¥15,500

Free RECシート:¥12,000

Free RECシート 昼・夜通し券:¥21,000

※全席指定/消費税込み/ドリンク代別途

▼Free REC シートとは

あらゆる撮影・録音機材、ビデオカメラ、スマホ等などを使用して、ステージの写真・動画を撮影可能な席を客席後方に限定数用意します。撮影した映像は自分の記録用、友達に送る、リアルタイムで配信、SNSなどに投稿して拡散しても問題ありません。

※三脚の使用も可能ですが、機材の大きさによっては、PAの妨げになるため、移動していただく場合があります。

●リリース情報

昨年12月に行った再結成後 ”初” ライブのBlu-rayが予約受付開始

ADDICT OF THE TRIP MINDS

『Live at Vision Tokyo 2021.12.05』

1. 孤独に自由に

2. 今はなき世の中

3. 輝ける亡者

4. 特別な人

5. 幻影

6. 旋律

7. 心の中の銃

8. 偽り感じて

9. 推察の最中で

10. あの娘は言う(Gt:成田昭次)

11. 無題

12. 今、再び(全曲歌詞付きブックレット封入)

<特典映像>

・オープニング映像(特別編集)

・田中志門(Gt.)によるソロインスト曲

価格:¥6,800(税抜)

発送:8月上旬より順次

予約特典:ADDICT特製フォトブックレット(P24)

※先着200名限定予約受付ページ:https://fungoods.base.shop/

<URL、SNS>

https://aotm.jp

https://fungoods.base.shop

LINE:https://page.line.me/?accountId=324pziti

Instagram:https://www.instagram.com/atripminds2021/

Twitter:https://twitter.com/Atripminds2021

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCbmfJm6cb6Xx-3B7w9AMLxw

TikTok:https://www.tiktok.com@atripminds2021