アジカン後藤正文のサマーソニック談義 フェスの思い出と注目アクトを語る

後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)がホストを務めるポッドキャスト番組『APPLE VINEGAR -Music+Talk-』が、今年3月よりSpotifyで配信スタート。つやちゃん、矢島由佳子、小熊俊哉(Rolling Stone Japan編集)というレギュラー陣に、ときにはゲストも交えながら、ユニークな視点で音楽トピックや楽曲を紹介している。今回は同番組との連動企画で、2大洋楽フェスをテーマに音楽談義。両フェスにまつわる思い出や、今年の注目すべき出演アーティストなどについて4人で語り合った。こちらはサマーソニック編。

後藤:サマーソニックは2000年から始まって、いまや20年以上の歴史を持つようになりました。実は2020年に予定されていたスーパーソニック(コロナ禍により中止)に、僕らも出るはずだったんですよね。The 1975とリアム・ギャラガーの前にアジカンというスロットで、僕らもブチ上がってたんです。それはさておき、サマソニはすっかり都市型フェスとして定着し、今年のヘッドライナーにはThe 1975とポスト・マローン。2組とも楽しみですね。スタジアムで観たら絶対いいだろうと。こういう旬のアーティストがタイムラグなく観られるのはいいですよね。

小熊:どちらも当初は2020年のスーパーソニックに出る予定だったんですよね。ずっとスケジュールを空けて、サマソニを信じて待ってくれたのは感謝しかないし、それだけでも好感度は爆上がりじゃないですか。

後藤:たしかに。ちなみに一応、同じく2020年に出る予定だった僕らも出演します(笑)。今年は大好きなUKのバンドと同じステージで、気分的にも嬉しいというか、クリエイティブマンの愛が感じられるスロットだと思いました。クーラ・シェイカーは「Hush」で一世を風靡した頃から大好きだし、元メンバーのジェイ・ダーリントンはオアシスのツアーサポートもやってたんですよね。そんな彼らや、プライマル・スクリームの『Screamadelica』再現ライブと同じステージに立つなんて、10代の自分に聞かせたら腰を抜かす案件ですよ。

小熊:いい話!

後藤:僕らは昔からクリマンによくしてもらっていて、2005年のサマソニでは、アジカン、カサビアン、ウィーザー、オアシスという順番だったんだよね。で、楽屋でほかのバンドと一緒にオアシスを観たんだけど、リアム・ギャラガーの声が全然出ていなくて。1曲目の「Lyra」の歌い出しとかもうカッスカスで、それを観たリヴァース・クオモが爆笑していたのを覚えています。

一同:(笑)。

後藤:あのとき、アジカンの「サイレン」をカサビアンのセルジオ(・ピッツォーノ)が褒めてくれたんですよ。サマソニは舞台裏の思い出がいっぱいあるな。デス・キャブ(・フォー・キューティ)の楽屋に行って、そのときの縁で元メンバーのクリス・ウォラに僕のソロ作をプロデュースしてもらったり。ティーンエイジ・ファンクラブの楽屋にも行って、その流れでノーマン・ブレイクのソロでの来日公演に前座で呼んでもらったり。これはバンドマン目線での話になりますけど、好きなバンドに声をかけてみるのはいいことだと思います。僕らも海外のフェスとかに出て、地元のバンドに話しかけられるのは嬉しい。

©︎SUMMER SONIC All Rights Reserved.

小熊:お客さんとしてサマソニに行ったことは?

後藤:もちろんあります。2000年の第1回も行きましたよ。その年は富士急ハイランドでの開催で、ウィーザーやティーンエイジ・ファンクラブ、アット・ザ・ドライブ・イン、あとスナッグというウィーザー直系のバンドも出ていました。印象的だったのは会場が富士急なので、ステージ上のアーティストが時々「フジー!」って叫んだんですよ(笑)。その度に観客たちが苦笑いして気まずい感じになって。それがおもしろかったですね。

小熊:(笑)。その後は幕張に移って、ほとんどのサマソニ出演者が「トウキョウー!」とMCで叫ぶなか、律儀に「チバー!」と言ってくれる人もたまにいますね。

後藤:たしかに、東京じゃなくて千葉だもんね。幕張は東京近辺の人にとっては行きやすいし、帰りやすいし、海外のアーティストも安心するんじゃないかな。みなさんのサマソニに対する印象は?

つやちゃん:フジと比較してサマソニはトレンド寄りというか、その時代を反映したラインナップだという気がします。私にとって印象深かったのは2006年。ラウドロック系のバンドが流行っていた時期で、ヘッドライナーがメタリカとリンキン・パークだったんです。あとはマイ・ケミカル・ロマンスやデフトーンズも出演していて、当時のああいったロックの集大成として新旧織り交ぜた様々なバンドの出演が叶った年でした。サマソニは昔からラウド系に強いイメージがありますけど、もう一つの要素としてダンスミュージックもありますよね。2017年にカルヴィン・ハリスがヘッドライナーを務めたとき、クラブではガンガンに流行っていたEDMが、ついにロック系のフェスでも主役になったという感慨がありました。EDMカルチャーが日本でまだ終わらずに続いているのは、この年のカルヴィンの存在も大きいんじゃないかなと思います。

矢島:去年のスーパーソニックも、2日目のスティーヴ・アオキ、ゼッド、アラン・ウォーカーのスペシャルセットが爆盛り上がりしてました(笑)。

今年の注目アーティストを語る

矢島:今年だとやっぱり、The 1975がいちばん楽しみですね。20代前後のミュージシャンをインタビューすると、影響を受けているアーティストとしてThe 1975の名前がよく挙がるんですよ。今回のライブもまた誰かの人生を動かすものになるんじゃないかなと思います。個人的に、2019年に出たときのライブが人生ベスト級というくらいよくて。翌年の春、マシュー・ヒーリーに電話インタビューをしたとき「スーパーソニック楽しみにしています」と伝えていたんですけど、結局その年は中止になってしまって残念でした。

後藤:マシューさん、めちゃくちゃいい人そうですよね。俺が知っているマンチェスター出身のフロントマンでいちばん性格が良さそう(笑)。

矢島:ロックスター然としてない感じがありますよね。インタビューもすごく真摯に答えてくれました。

後藤:僕らを置いてけぼりにするロックスターというより、寄り添うような距離にいてくれる隣人という印象。同じ時代を生きている人間という感じがしますよね。

小熊:2014年と2019年にサマソニの楽屋でマシューに取材しましたが、前者のときに「ポップもロックも対等に聴いてきた」という話をしていたのが印象的で。デビュー当初はチャラい印象もありましたが(笑)、そういう感性を持ち合わせていたからこそ、The 1975は今日の最重要バンドになれたんだろうなって。矢島さんの話した2019年のライブを観たとき、そんなことを考えました。

後藤:なるほど。ほかには誰が楽しみですか?

小熊:リンダ・リンダスとザ・クロマニヨンズが同じ日、同じステージに出演するのも粋な計らいだし、やっぱり楽しみなのはリナ・サワヤマ。世界中のマイノリティをエンパワーする説得力の塊みたいな表現者が、ニューアルバム『Hold The Girl』(9月2日リリース)発表直前のタイミングで来てくれるんだから嬉しいですよね。曲調もアップリフティングで勇ましいものが多く、かと思えば包み込むような優しさもある。コーチェラの配信ライブも素晴らしかったし、見逃せないステージになると思います。

つやちゃん:私はマネスキンですね。彼らもコーチェラの配信でファンになった人が多いみたいです。自分も観て、ライブがめちゃくちゃヤバいなと思いました。

後藤:彼らは一見キワモノのようですけど、ロックスターとして飛び抜けそうな要素をたくさん感じます。なにより笑えるのがいい。すごい音楽家はみんな笑える要素を持っていると思うんです。ボブ・ディランもそうだし、キース・リチャーズだってそう。そういう力をマネスキンにも感じます。

つやちゃん:昨今のロック復権における象徴的なバンドだと言われがちですけど、自分はーーもしかしたら若い人たちも、彼らをロックという意識では聴いていないのかもしれません。むしろ、あらゆる音楽をシアトリカルに昇華させていく、ポストジャンル的で非常に今っぽいグループというイメージです。マネスキンって、ライブでもカバー曲を披露したりするじゃないですか。その選曲にもすごく批評性が感じられていつも唸らされるんですよね。ロックからポップスまで幅広くて、いわゆる大衆的なヒット曲みたいなものもフラットにカバーしてしまうという視点がすごく現代的。煌びやかな衣装で、運動神経の趣くままごく自然にこなしちゃう。

後藤:ああいうファッションやスタイルを意図的に選んでいるんでしょうね。日本の人も特に抵抗なさそう。数々のヴィジュアル系バンドを目撃してきた我々からすると、あのくらいのコスチュームを受け入れる度量はありますよ、という感じ。

つやちゃん:加えて、やっぱりダミアーノ・デイヴィッドがすごい。今はボーカリストに多種多様さが求められている時代ですが、彼の歌はそういう点でも現代的。ちょっとラップっぽいテイストもありますし、オリジナリティを備えた歌唱だと思います。

小熊:この日のメインステージは、The 1975からKing Gnu、マネスキン、リナ・サワヤマやビーバドゥービー、Mrs. GREEN APPLEまで一堂に会するという。

後藤:もはや異種格闘技戦といった趣だね(笑)。

矢島:Rolling Stone Japanとしては、BE:FIRSTにも注目してほしいですよね。彼らは去年のスーパーソニックが初ステージだったんですけど、この1年でかなり進化していて、先日のワンマンもグローバル基準の演出に挑戦しようとしていることが伝わってくるものだったので、今年のサマソニも期待していいと思います。

あと、最後にひとつ言っておきたいのは、去年のスーパーソニックはクリマンがめちゃくちゃがんばってくれた、ということ。隔離期間とか面倒くさい手続きとかを全部乗り越えて、海外からアーティストを呼んでくれた。それがコロナ禍でのフェスのあり方を前進させてくれたと思うんです。そういう意味で、スーパーソニックありがとう、そのなかで日本に来てくれた海外アーティストにもありがとう、というのは言っておきたいです。

後藤:たしかに。コロナ以前は、フェスがあること自体が当たり前になっていましたけど、やっぱり喜びを噛みしめながら行くべきですね。一生に何回行けるかわからないもの、なので。

SUMMER SONIC 2022

2022年8月20日(土)〜21日(日)

東京:ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ

大阪:舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)

※ASIAN KUNG-FU GENERATIONは8月20日(土)大阪会場、21日(日)東京会場に出演

公式サイト:https://www.summersonic.com/

APPLE VINEGAR -Music+Talk-

Spotifyで配信中、毎週水曜日18時に新しいエピソードを公開

番組リンク:https://open.spotify.com/show/6dkTPluL6El48dHAc8eVXp

ASIAN KUNG-FU GENERATION

『プラネットフォークス』

発売中

特設サイト:https://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/AKG/PlanetFolks/

Tour 2022「プラネットフォークス」

9月30日(金)〜11月19日(土)

詳細:http://www.akglive.com/tour2022/

いよいよ今週末に開催が迫ったサマーソニック&ソニックマニア

WOWOWオンデマンドでは3日間に渡り白熱のライブステージをライブ配信

ライブ配信予定のアーティスト第一弾48組を発表 今後も追加ラインナップを発表予定です 

お楽しみに https://t.co/O89sAyVpmh#サマソニ #summersonic pic.twitter.com/QVT4LiYagL — SUMMER SONIC (@summer_sonic) August 15, 2022