中島裕翔(Hey!Say!JUMP)が主演、吉川愛がヒロインを務める木曜劇場『純愛ディソナンス』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第6話が、8月18日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

本作は、新任の音楽教師・新田正樹(中島)と生徒・和泉冴(吉川)の“純愛”を描く完全オリジナルストーリー。常にタブーと背中合わせな2人の“純愛”が次第に周囲を巻き込み、やがて“ディソナンス=不協和音”となってドロドロな展開を生み出していく。本心で向き合えないまま決別した2人だが、5年後にひょんなことから再会する。

先週放送された第5話は、朝比慎太郎(高橋優斗/HiHi Jets)が冴に、5年前の事件の真実を告げたシーンがネット上で「ちゃんと伝えた慎太郎かっこいい」「遂に言ったか……」と話題になった。

<第6話あらすじ>

5年前、新田正樹(中島)と和泉冴(吉川)の盗撮写真をネットに拡散したことを認めた新田愛菜美(比嘉愛未)。愛菜美がこれまで優しくしてくれたのは自分をコントロールするためだったと知り、怒りを露にした冴は、愛菜美の本性を正樹に知らせようとするが、愛菜美の妨害に遭い、タイミングを逸する。

一方、正樹は、冴のアルバイト先である「コアスパーク」社長の路加雄介(佐藤隆太)とのコラボ企画「セカプリゾート」の記者発表の準備を進めていた。路加は、ユーザーが記者発表と同時にサービスを利用できるよう、リゾート施設のリノベーションの完成を早めてほしいと正樹に依頼する。正樹は、プロジェクトを成功させるためにも路加のオーダーに応えようと動き出す。

冴が会社にやってくると、なぜか母親の静(富田靖子)が来ており、社員たちに菓子を配って回っていた。冴は静を外へ引っ張り出し、追い出そうとした。だが静は、そんな冴の気持ちなどお構いなしで、まだ正樹に会っている冴のことが心配だったなどと言い出す。

正樹と会う約束を取り付けた冴は公園で彼に会い、ついに愛菜美のことを話す。しかし、正樹から返ってきたのは意外な言葉で……。