松本若菜が連続ドラマ初主演を務める『復讐の未亡人』(テレビ東京、毎週木曜26:35~)の第7話が、8月18日に放送される。

本作は、Netflixでオリジナルドラマ化もされた『金魚妻』で話題の人気漫画家・黒澤Rの同名漫画が原作。主人公の鈴木密/美月(松本)が、夫・優吾(平岡祐太)を死に追いやった職場のターゲットたちに素知らぬ顔で近づき、真相を探りながら巧妙な罠を仕掛ける密の復讐劇だ。

前回の第6話で密は、同僚の斎藤真言(桐山漣)から優吾が屋上から飛び降り自殺する直前の様子を聞き出し……。

<第7話あらすじ>

夫・優吾(平岡)が自殺する直前、現場の屋上にいたのは秘書の佐伯麻穂(足立梨花)だったのではないかと疑う鈴木密(松本)と優吾の双子の弟・陽史(淵上泰史)。

真実を探るため密は麻穂の恋人・前田亜津志(味方良介)に接近し、ダーツバーで薬を盛る。朦朧とした前田から、麻穂に命令され、会社の気に入らない人間を暴行したと聞かされる。そして前田から衝撃の事実が……。

そうした中、同僚の斎藤真言(桐山)がついに密に思いを告げる。