大橋和也(なにわ男子)が主演を務める日本テレビ深夜ドラマ「シンドラ」の 『消しゴムをくれた女子を好きになった。』(日本テレビほか、毎週月曜24:59~)の第4話が、8月15日に放送される。

同ドラマは、実話に基づく、笑いあり涙ありの13年間の青春ラブストーリー。主人公・福田悠(大橋)が中2から1人の女性・伊藤さとみ(福地桃子)を思い続ける13年間の片思いと、その様子を見守る親友の板倉和希(なにわ男子・藤原丈一郎)と森友彦(Aぇ!group/関西ジャニーズJr.・小島健)の友情が描かれる。

第3話では、高校2年生になった福田が板倉の祖母・玉子(ふせえり)が経営する釣り宿でバイトしていると、偶然にもさとみと再会。相変わらずの厨二病を発揮する福田だったが、徐々に以前のように心を通わせ合い、わけあって布団の中で密着するといったシーンが展開された。

そして第4話では、福田がついに“告白”へ!? 夏の終わりが迫る中、さとみとの別れが急な形で、再び訪れる。まるで2年前のあの時のように……。フラれることを恐れ、一歩が踏み出せない福田。そんな福田を見かねた仲間が背中を押す。夕暮れ、海岸沿い、2人乗り――告白の準備は整った。消しゴムから始まった恋の行方は如何に!? 

<第4話あらすじ>

消しゴムをくれた女子・伊藤さとみ(福地)に恋をして3年。高2の夏、海でさとみと偶然の再会を果たした福田(大橋)だったが、相変わらずの厨二病っぷりでなかなか思いを伝えられず、朝から晩まで板倉の祖母・玉子(ふせ)が経営する釣り宿のバイトに明け暮れる毎日。そんな福田たちを労い、漁師の海野太郎(アキラ100%)が女子たちも一緒に沖まで船を出してくれることに。玉子から「白イルカを見たカップルは永遠の愛で結ばれる」「ブラピとアンジョリも見た」と聞いた福田は、藁にも縋る気持ちで、いざ船へ。

しかし、白イルカにも出会えず、告白もできず、宿でのバイトも終わりに迫る中、さとみが急遽東京へ帰ることに。連絡先も知らず、このままだと永遠の別れに成り兼ねないと頭ではわかっていながらも行動できない福田だったが、板倉(藤原)と森(小島)、そして玉子からの激励に奮い立ち、既に駅へ向かってしまったさとみを、今度は逃がさぬよう自転車で追いかける。

「俺は伊藤が……」片思いから3年。ついにその瞬間が訪れる――。