「片道650km」を車通勤、“家電”がほぼない家…私の周りにいる“怪物級”にすごい人
本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。8月10日(水)の放送では、会議テーマ「身の回りのスゴイ人案件〜怪物さん報告〜」と題し、全国のリスナー社員からメッセージを募りました。数多く寄せられたエピソードのなかから、その一部を紹介します。

※写真はイメージです

◆秋田県から長野県まで…

友達の通勤が怪物級です。その距離、なんと片道650km!! 秋田県から長野県までの通勤路をいつも1人で運転しています。買って数ヵ月という車の走行距離は、すでに3万kmを超えています。さすがにこれだけ運転していると“いかに快適に運転するか”を追求するようになり、車内環境の整備から休憩に適したスポット、ご当地グルメまで完璧に把握しています。しかも“無事故無違反”! その長距離通勤はとてもじゃないけどまねはできませんが、いろいろ見習いたい怪物さんです。

◆車を見ただけで…

僕の身の回りのすごい人は、同じ職場で働いている40代の人です!

その人は無類の“車好き”で、車のことを聞くと話が止まらなくなります。また、車を見ただけで「パーツはあれを使っている」「あれは日本に数台しかない高級車」「あの芸能人が乗っている車だよ」などと、すぐ分かってしまいます! 車に関することなら、この人に聞けば大体分かります(東京都 32歳 男性)

◆朝から晩まで豆の焙煎

私が働いているコーヒー屋の36歳のボスが怪物級です。

ボスは基本的にひたすらコーヒーの焙煎をしています。しかし、スタッフとコミュニケーションも取りますし、もちろん店舗の接客にも携わります。しかし、焙煎士を雇わずにお店をやっているため、朝から晩までとにかく豆の焙煎をしています。1日の睡眠時間は基本4時間で、ボスも「ずっと焙煎をしていたい、他の仕事はしたくない」というぐらいの焙煎好き。

また、ボスはよく始業時間ギリギリにお店に来るのですが、ボスの仕事ぶりをみんな分かっているのか、誰も文句を言うことはありません。(ボスの店ですから当たり前ですが)。こんなにショートスリーパーなのに動けて、こんなに仕事が大好きな怪物はなかなかいない気がします。ただ、ボスが倒れたら代わりになる人がいないので、心配にもなります(長野県 32歳 女性)

◆“家電”がほぼない家

身の回りのすごい人は妹です。

実家が群馬県なのですが、北海道の大学に進学して、就職先は宮崎県、と壮大な引っ越しをしました。また、妹の家には家電がほとんどありません。冷蔵庫もなくて、ご飯は外食かUber Eatsです。私にとっては不思議で仕方がなくて、ある意味すごいです。(栃木県 28歳 女性)

<番組概要>

番組名:Skyrocket Company

放送日時:毎週月曜~木曜17:00~19:48

パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保

番組サイト:https://www.tfm.co.jp/sky/