グラビアアイドルの鈴木優愛がこのほど、東京・秋葉原のソフマップで最新イメージDVD『優愛のはじめて』(発売中 4,400円税込 発売元:イーネット・フロンティア)の発売記念イベントを行った。

DVD『優愛のはじめて』の発売記念イベントを行ったグラビアアイドルの鈴木優愛

同DVDがグラビアデビューとなる鈴木優愛は、153cmの身長にスリーサイズは上からB83・W58・H85と均整が取れたボディが魅力の19歳。現在エントリー中の「ミスFLASH2023」でセミファイナルに残るなど、グラドルファンから注目を集めている。そんな彼女の1stDVDは、ダンスと水泳で鍛えたボディーと愛嬌たっぷりの表情を披露するなど意欲に満ちた1枚となっている。

母親に初めて購入してもらったという濃いブルーのビキニ姿でイベント会場に登場した鈴木は、今年4月に都内のスタジオで撮影されたという1stDVDについて「塾の先生と親密になってしまった女の子の青春物語です。明るい感じの作品ですが、後半になってドロドロになっていくかもしれないので注目して欲しいです」と全体のストーリーを説明し、「ジャケットの写真にもなっているメイド服は、今回の撮影で初めて着たんですけど、着た瞬間からワクワクしました。チアリーダーの衣装も可愛くて、私の売りで筋トレで鍛えているお尻を印象づけていると思います。それを着て保健室のベッドで寝そべるんですが、このシーンはすごく楽しかったです」と印象に残ったシーンを語った。

初のDVDながらセクシーなシーンもあるといい、「図書室のシーンは最初ジャージ姿なんですけど、脱いだらセクシーな感じで本棚に寄り掛かります。セクシーで恥ずかしい表情をしているので、是非見て欲しいです」とアピールした。

鈴木は高校生の頃から女優業を始めて芸能界に身を投じ、今年になってグラビア活動を本格化させたという。「グラビアの世界は知りませんでしたが、新しいことに挑戦してみたいと思い、チャレンジ精神で始めました」と明かし、初のDVD撮影は「緊張してましたね。セリフもたくさんあって噛まないか心配しましたしDVDをどうやって撮影するのか分からなかったので不安がありました。でもスタッフさんがサポートしてくださったので撮影を楽しむことができました」と満足げ。今後の抱負については「グラビアはもちろんですが、ずっとやってきた女優業でも飛躍できるように頑張ります!」と力を込めていた。