飯豊まりえ主演、浅香航大がバディとして出演するプラチナイト木曜ドラマ『オクトー 〜感情捜査官 心野朱梨〜』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)のHuluオリジナルストーリー『オクトー ~ふたつの家族~』が、8月11日よりHuluで独占配信されている。

同ドラマは、愛、悲しみ、怒りなど、人の感情がすべて“色”で見える特殊な力を持つ刑事・心野朱梨(飯豊)が、感情見え見えのエリート崩れ刑事・風早涼(浅香)とバディを組んで、目に見えない感情から凶悪事件の真相に迫る新感覚の刑事サスペンス。

Huluオリジナルストーリー『オクトー ~ふたつの家族~』では、朱梨や涼をはじめ、物語のキーパーソンでもある松井玲奈、船越英一郎らが出演。8月11日に放送された本編の第6話と、9月8日放送予定の第10話(最終話)の地上波放送終了後に1話ずつHuluにて独占配信される。

現在、配信中の第6.5話では、病院のベッドで眠る姉の心野紫織(松井)に15年前の中学生時代の思い出を語りかける朱梨。優しかった紫織の姿を思い出す朱梨の目の前に、当時スポーツ整形外科を目指していた紫織が、叶わなかったはずの夢である医師の姿で現れる。一方、中学生時代はまだどんな自分が大人になるかの想像もついていなかった朱梨。警察官になった今の朱梨の姿を紫織が見たら、どんな言葉をかけてくれるだろうか……?

15年前、両親が殺害された事件以降、目を合わせた相手の感情を色として見ることができるようになった朱梨は、幸せだった家族との記憶を思い出し、自分の感情にも変化が現れるのか? 失われた姉妹の時間を体験した朱梨が見出した覚悟とは?

さらに、9月8日の第10話(最終話)放送後には、朱梨の相棒である涼と、事件の鍵を握る警察庁次長・平安(船越)が出演するアフターストーリー第10.5話を配信。地上波本編の1年後を涼の目線で描く第10.5話では、涼の本当の気持ちや、平安とのある“約束”についても描かれる。

<プロデューサー コメント>

感情が見える女刑事とエリート崩れの男刑事という、一風変わったバディとしてこれまで様々な難事件に立ち向かってきた朱梨と涼。一見正反対のようにも見える2人ですが、共通点として警察官となった背景にそれぞれの“家族”の存在があります。今回のHuluオリジナルストーリーでは、ドラマ本編ではお見せしきれなかった、そんな2人の妹として・息子としての「もしかしたらあったかもしれない」「これからあるかもしれない」家族との時間を描きました。朱梨と涼がきっと心のどこかに抱え続けているであろう家族への思いを想像しながら、Huluオリジナルストーリーとドラマ本編をあわせてご覧いただき、より一層お楽しみいただければと思います!

<Huluオリジナルストーリー第6.5話あらすじ>

朱梨は、病室で眠る紫織(松井)に 15 年前の思い出を語りかける。紫織は当時、医師を目指していた。優しかった姉の姿を思い出す朱梨の目の前に、医師になった紫織が現れる。一方、警察官になるとは15年前は考えてもみなかった朱梨。刑事として日々難事件に立ち向かう今の朱梨の姿をもし紫織が見たら、どんな言葉をかけてくれるだろうか? 15年前の事件がきっかけで変化してしまった姉妹の人生と、あの頃描いていた夢の行方は……。