『新テニU-17W杯編』第7話 まさかの入れ替わり!粘る跡部が不二を待つ

2022年7月6日(水)から放送中のTVアニメ『新テニスの王⼦様 U-17 WORLD CUP』の第7話あらすじ、先行カットが到着した。

1999年より『週刊少年ジャンプ』にて連載がスタートし、累計発行部数6000万部を突破している許斐剛原作の人気漫画『テニスの王子様』(集英社 ジャンプ コミックス刊)。現在は『ジャンプSQ.』(集英社)で『新テニスの王子様』が連載中の本シリーズは、アニメ、舞台、実写、ゲームと様々なメディアミックスにより多くのファンを獲得している。

2021年10月10日(日)には、アニメ『テニスの王子様』シリーズは20周年を迎えた。

そんな本作の記念すべき20周年のアニバーサリーを飾る、10年ぶりのTVシリーズ『新テニスの王子様 U−17 WORLD CUP』。2014年にリリースされたOVAシリーズ『新テニスの王子様 OVA vs Genius10』の後の物語が展開される本作は、アニメの舞台が日本から世界になることから、アニメに初めて登場するキャラクターが多いことでも注目を集めている。

第7話は8月17日(水)深夜0時00分よりテレビ東京他にて順次放送開始。

あらすじ&先行カットはこちら!

<第7話 「チェスの王様(キング)」>

仁王と跡部が入れ替わっていた――驚愕するW杯(ワールドカップ)会場。

なぜこのような真似を? と訝しがる日本代表メンバーだが、跡部はオーストリア代表の背後にある「天才的頭脳」の存在に気づき、その「頭脳」を相手に戦っていた。

速攻での決着を目論むオーストラリア代表をタイブレークへと引きずり込む跡部。

彼はタイブレークを続けながら待っていた。

敵の必殺技「タキオン」を不二が見極めるのを――。

>>>第7話先行カットを全て見る(写真8点)

(C)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト