続く「値上げ」、8月は今年最多「2,400品目超」…下半期はさらに厳しい状況に? 専門家が解説
モデル・タレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの朝の情報番組「ONE MORNING」(毎週月曜~金曜 06:00~09:00)。8月4日(木)放送のコーナー「リポビタンD TREND NET」のテーマは「8月の値上げ、月単位で今年最多」。学習院大学 非常勤講師・塚越健司さんに解説していただきました。

※写真はイメージです

国内最大級の企業情報データベースを保有する信用調査会社「帝国データバンク」によると、8月は月間ベースで「今年最多」となる品目が値上げされる見通しです。これまで最多だった7月を大きく上回る結果となり、このペースで推移すると、年内の累計値上げ品目数は8月中に2万品目を超えることになりそうです。

◆8月の食品値上げ、今年最多に…

ユージ:このニュースを詳しく教えてください。

塚越:帝国データバンクが、上場している主要飲食料品メーカー105社の、2022年以降の値上げを調べたところ、7月末までで累計1万8,532品目を値上げしたことが分かりました。

8月単月の値上げは、これまでで一番の2,431品目。単月では、初めて2,000品目を超えています。これまでの値上げ率の平均は、およそ14%です。秋以降はさらに加速する見込みで、10月は6,305品目が値上げ予定とのことです。

ユージ:「値上げの理由」について、メーカー側はどのように説明しているのですか?

塚越:例えば今年5月頃までは、「小麦など原材料価格の高騰」が値上げの理由でした。これに加えて、夏以降は「原油高で容器や包装資材、物流費の高騰」などが原因になりました。さらに円安が進んでいることで、輸入価格が上がっていることも大きいです。

資材価格の高騰などが私たちの生活に影響が出るまでには、基本的にタイムラグがありますが、それらの影響が今、出てきている状態です。そのため秋以降も、かなり厳しくなると言わざるを得ない状況です。

加えて、日本固有の問題として、円安。つまり輸入価格が上がることの影響が本格化しているという問題もあります。特に食品は、今年の始めに値上げしたものが秋以降に再値上げされ、再々値上げになる見通しです。

◆乾麺、冷凍食品…再値上げも

ユージ:例えば、どのようなものが値上げされますか?

塚越:まずは、パスタや乾麺などの麺類は最大8%の値上げ。なかでもパスタソースは10%以上の値上げのものもあります。

次に、かまぼこや魚肉ソーセージといった魚介加工品が最大で20%の値上げ。これらのなかには、一度値上げしたものを再度値上げしているものもあります。

生活に近いという面では、コンビニエンスストア「ローソン」がレジ横で販売している、いわゆる「コンビニコーヒー」を100円から110円に値上げ。他にも、調味料やお菓子、レトルト食品など、数%から、ものによっては10%以上値上げされるもあります。

そして、特に目立つのが「冷凍食品」。大手5社が8月1日(月)に、400品目超を一斉に値上げしています。冷凍食品は、コロナ禍で利便性や品質の高さが注目されて人気になりました。日本冷凍食品協会の調査では、家庭用冷凍食品の2021年の生産額が、コロナ禍以前の2019年と比べて2割以上増えています。

巣ごもり生活で重視されてきた冷凍食品ですが、原材料や輸送コストが上がるので企業の自助努力だけでは難しく、各社が値上げしました。対象は、うどんや唐揚げ、チャーハン、ラーメン、シュウマイなどと幅広いです。値上げ率も、5%程度~最大20%を超えるものもあります。

◆食品以外の値上げは?

塚越:7月の話ですが、大きなところではAppleの「iPhone」が値上げを実施しました。機種や契約する会社にもよりますが、すでに販売されているものが最大で2割の値上げ。1万円~2万円以上の値上げになります。これにより中古市場も価格が上がり、新型のiPhoneは手が届かなくなるとも言われています。

8月以降でいえば、やはり電気とガスです。何度か値上げしていますが、電気は大手10社のうち4社、ガスは大手4社のうち3社が値上げしました。例えば、東京電力では、1年前と比べると3割を超える値上げとなります。

あとは、印刷用紙などの紙製品は15%以上の値上げ。パナソニックは、電子レンジや洗濯機といった家電を中心に最大23%値上げ。他にも、テーマパークの入場料や自動車関連など、基本的にあらゆるものの価格が上がると思っていたほうがいいです。

◆今後、値上げはまだまだ続くのか…?

ユージ:身近なものが値上げをしていくイメージですが、値上げはまだ続きそうでしょうか?

塚越:8月だけで2,431品が実施予定です。さらに、10月は現時点で6,305品の値上げが予定されています。このように考えると、下半期はさらに厳しいです。

先日、最低賃金の引き上げが決定しましたが、賃金上昇ではとてもカバーできないレベルで値上げが生じています。コロナ禍以前の世界に戻ることは考えられないので、残念ではありますがこれを受け入れて、どうやって生きていくか各自考えていくことが必要だと思います。

<番組概要>

番組名:ONE MORNING

放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00

パーソナリティ:ユージ、吉田明世

番組Webサイトhttps://www.tfm.co.jp/one/