『先輩、断じて恋では!』最終話 金田が柳瀬に1年越しに伝えたい言葉

TVドラマ『先輩、断じて恋では!』の第8話(最終話)あらすじ、先行場面カットが公開となった。

『先輩、断じて恋では!』は、一見アンマッチな先輩×後輩のオフィスBLラブコメディ。天才CGクリエイターの柳瀬(演:内藤秀一郎)が教育を任されたのは、無表情で不愛想な後輩・金田(演:瀬戸利樹)。仲良くなろうと親しみを込めて接するが「もっと距離をとってください」と冷たい態度で返されてしまう。傷つく柳瀬だったがある日の飲み会の帰り道、酔った金田が柳瀬に秘めていた【本当の想い】をぶつける。仕事を通し次第に距離が縮まっていく二人だが、一体この気持ちは「憧れ」か「恋」か――!?

8月11日(木)に放送される第8話は、いよいよ最終回!

後輩・古川(演:太田駿静)から電話で呼び出された金田は、柳瀬を自宅に置いて出て行ってしまう。一人残されることになった柳瀬は、1年という時間の中で変わってしまった金田との関係性にショックを受けるのだが……ギクシャクしたままの柳瀬と金田の恋の行方はどうなってしまうのか!?

また、2人の距離が徐々に縮まっていくという話題のエンディングにも、大きな変化が起こる!? 最後の最後まで見逃せない!

あらすじ、先行場面カットはこちら!

<第8話・あらすじ>

突然、金田の家に連れてこられた柳瀬だが、金田は電話で後輩の古川拓実に呼ばれてそのまま外に出て行ってしまう。なかなか帰宅しない金田にやきもきする中、金田の着信画面を見て、とある事実に気づいてしまい、二人の関係が1年前と変わってしまったことに落ち込む柳瀬……。

一方、金田は1年越しに柳瀬に伝えたい言葉を胸に秘めていて……?

>>>第8話先行場面カットをすべて見る(写真7点)

(C)「先輩、断じて恋では!」製作委員会・MBS