きっかけはタモリ、オリラジ藤森慎吾が語る中田敦彦との出会いからチャラ男誕生秘話

『サバンナ高橋の、サウナの神さま』(TOKYO MX/隔週木曜21:25~21:54)の8月11日(木)放送回に、オリエンタルラジオの藤森慎吾がゲスト出演した。

【写真】オリラジ藤森慎吾とサバンナ高橋茂雄のサウナシーン

当番組は、サウナ好きで知られるサバンナ・高橋茂雄が、各界のトップランナーをサウナに迎え、心身ともに“ととのった”ところで、人生の“ととのった”瞬間=「人生のターニングポイント」を伺うサウナトーク番組。

トークのはじまりは、人生最大の転機となった、相方・中田敦彦との出会いについて。大学生時代にアルバイトをしていたコールセンターの休憩時間に、いつも爆笑を巻き起こしていたという中田。友達になりたいと思い、挨拶をしたその日に意気投合し、自宅に行くことに。そこで、中田が学園祭で披露した漫才のビデオを見た時に「自分もコレをやりたい!」と衝撃を受け、芸人を志すことになったとか。

すでにその時から“戦略家”だった中田は、「NSCはオーディションのひとつ。デビューのきっかけにすぎない」と考え、NSC入学前に100本のネタを用意、その中からブレイクするネタを見つけるという発想で、実際にそのネタの中に、後に大ブレイクする「武勇伝」の原型もあったという。

デビュー後は「芸人史上最速のブレイク」と言われるほどの勢いでテレビを席巻したものの、5年ほどで失速。テレビ番組のレギュラーは『笑っていいとも!』だけになった。

生放送後の廊下で中田に“理詰めのダメ出し”をされるようになり、2人の距離が遠ざかっていく中、『笑っていいとも!』で、人生のターニングポイントが訪れる。藤森のあるところに注目したタモリが“チャラ男”キャラ誕生のきっかけを作ったのだ。

さらに、高橋が「広告会社の人がプレゼンするみたい」と評する相方・中田の緻密な“戦略”や、藤森と中田の最新の関係性、2020年に吉本興業を退社したときの秘話、結婚観など少しも見逃せないトーク内容となっている。

藤森は「サウナがすごく気持ちよかったです。湿度と温度も良くて、高橋さんと一緒に入れて、最高に楽しかったです。久しぶりに自分の“ヒストリー”を語らせていただけて楽しかったです。オリエンタルラジオをご存じない方でも、番組をご覧いただいたら、“オリラジはなぜ今1人が日本、1人がシンガポールにいるのか”も分かっていただけると思うので、ぜひ見ていただきたいです」とコメントしている。

【あわせて読む】“お笑い界のチャラ男” 藤森慎吾&りんたろー。が語るメンズ美容のこれから