橋本愛が主演を務める水曜ドラマ『家庭教師のトラコ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第4話が8月10日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

脚本・遊川和彦、プロデューサー・大平太の『家政婦のミタ』コンビが描く本作は、橋本演じる合格率100%を誇る謎の家庭教師・トラコ(根津寅子/橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と3人の子供を救っていく個別指導式ヒューマンドラマ。トラコのパートナー役を中村蒼、トラコに仕事を依頼する母親役を美村里江、板谷由夏、鈴木保奈美が演じる。

トラコは、家庭の教師として受験合格を目指す3つの家庭の子供たちの問題を解決。1話では共働き家庭の中村家6歳の一人娘・知恵(加藤柚凪)に「1万円で幸せになる方法」を、2話では食堂を切り盛りするバツイチママ下山家の12歳の一人息子・高志(阿久津慶人)に「正しい5千円の使い方」を、3話では超富裕層の上原家の後妻里美の連れ子で18歳の息子・守(細田佳央太)に「20万円必勝投資術」を考えさせ、それぞれのお金の使い方を通して、生きていく上で大切なことを指導。

トラコが生活も環境も全く異なる3つの家庭にキャラクターも衣装も変え、「誘拐」や「偽ライブ」など時には過激な授業で入り込んでいく指導方法に、SNS上では「毎話泣ける」「こんな先生に授業を受けてみたい」「私は熱血トラコが好き」など“体験授業”を受けた視聴者から、多くの反響が集まっている。

一方で、トラコとタッグを組むビジネスパートナー・福田福多(中村)のマンションでは、2人の会話からトラコの謎が少しづつ明らかに。「お前の本当の狙いを知ったらどう思うんだろうな」「(養護)施設の先生心配してたぞ。全然連絡がないって」「本当は母親に会いたいんじゃないのか?」「子供の3人目も案外早く手なづけたし、次は母親なんだろ、ターゲット」……次第に明らかになるトラコの本当の狙い。第4話でもさらなるヒントが。 

3つの家庭に合わせて、メリーポピンズ、昭和の熱血教師、魔性の女と風貌を変え登場するトラコ。ほかにも、エレベーターガール(1話)、看護師(2話)、コミカルな芸人(3話)などのコスプレ姿に注目が集まる中、第4話では清楚な服にエプロンをつけた「若奥様スタイル」で中村家に登場することが明らかに。しかし、生徒・知恵の母・真希(美村)に仕事上の問題が起きてしまい、「主婦気取りするのやめてもらっていいですか?」と怒りを買ってしまう状況に。いったい何が起こったのか? 

<第4話あらすじ>                                 

トラコ(橋本)は、中村真希(美村)がリストラの危機に直面していることを知る。会社の方針に従わない真希にメール室へ異動の辞令が出たのだ。「いい加減、大人になれ」という上司に、真希はたんかを切って自ら会社を辞めてしまう。中村家の生活費を心配するトラコは、「ご主人に相談なさったらどうですか?」と助言するが、真希は「そんな必要ないです」と聞く耳を持たない。

そんな中、真希は夫・朔太郎(細田善彦)から、義母が振り込め詐欺で100万円をだまし取られたと聞かされる。「助けてやってくれないか」という朔太郎の頼みを、真希は「あたしなら絶対ひっかからない」と突っぱねる。「先生、あたし、冷たいと思います?」と尋ねる真希にトラコが問う。

「1万円拾うのと1万円あげるのと、どっちが幸せだと思いますか?」。

真希は次の就職先がなかなか決まらず焦り始める。母への援助をお願いしてくる朔太郎に対して「無理に決まってるでしょ!」と思わず声を荒らげてしまった真希は、娘・知恵(加藤)に「バアバに自分のお小遣いをあげる」と言われ、やりきれなくなり……。

そんな真希に、トラコは「人助けや社会貢献にもなり、能力によってはかなりの高収入が見込まれる仕事がある」と紹介する。