『夏へのトンネル、さよならの出口』田口智久&CLAPの新しい挑戦

9月9日(金)に全国公開される『夏へのトンネル、さよならの出口』は、八目迷原作のライトノベルを劇場版アニメとして映像化した作品。中に入れば欲しいものが手に入れられるという「ウラシマトンネル」の都市伝説を通して出会った高校生の男女、塔野カオルと花城あんず。夏の田舎町を舞台に、切なくも優しい二人の青春ドラマが展開する。

また本作は映画『デジモンアドベンチャーLAST EVOLUTION絆』や TVアニメ「アクダマドライブ」「BLEACH千年血戦篇」などを手がける田口智久監督と、『映画大好きポンポさん』を制作した新進のアニメーションスタジオ「CLAP」がタッグを組んだことも大きな注目ポイントとなっている。

今回は田口監督、そして本作の制作プロデューサーを務める松尾亮一郎さんに、作品とスタジオそれぞれの魅力を語っていただいた。

>>>『夏へのトンネル、さよならの出口』場面カット&制作スタジオ・CLAPの現場を見る(写真18点)

▲田口智久監督

――まず、本作を監督されることになった経緯からお聞かせいただけますか。

田口 定期的に劇場作品を手がけていきたい、と考えていたところに、自分が今まで手がけたことがない青春もの、しかも劇場作品というオファーでしたので、「これは断る理由はないな」と思いました。

――このジャンルに興味があったのですか?

田口 自分のフィルモグラフィー的にはアクションものが多いこともあって、「王道の青春もの」は新しい挑戦になるんじゃないか、という期待がありました。

――原作を読まれた際の印象は?

田口 ラノベと聞いていたので気軽に読み始めたところ、空気感の描写が非常に上手くて……読み進めていくと目の前の風景が立ち上がってくるような印象を受けました。お話の展開もいわゆるジュブナイルSFやボーイ・ミーツ・ガールものに見えて、実は家族の問題など根深い要素もあるなど、場面ごとに各色合いが強まるような不思議な構造のドラマとなっていて「そういう部分を映像で描いていくことに意味があるかもしれない。これは面白いものになるな」と思えました。

――では、読み進めていく中で映像の具体的なイメージはできあがっていた感じでしたか。

田口 作品のテンションやフィルム感みたいなものは出来上がっていたと思います。特に冒頭部分の語り口を読みながら、以前からやりたいと考えていた、風景を重ねながらキャラクターの心情に寄り添うみたいな演出がハマるんじゃないかな、なんて考えましたし。

――それを具体化するために、特にこだわられた部分はありますでしょうか。

田口 フレームサイズを横長のシネマスコープにして、背景をしっかり見せることで作品への没入感を高めたり、演技の間尺をしっかりとる、ということは意識しています。

――つまり、劇場で観ることを意識した作りになっている?

田口 そうですね。まずは劇場で楽しんで頂けるように考えて作っています。

――キャラクターデザイン・総作画監督を務める矢吹智美さんはどういうところから参加を?

田口 実はこの作品の前にオリジナル企画をやるはずで、その時に矢吹さんが参加されていたんです。結局その企画は止まってしまったんですが、そのまま矢吹さんに本作に参加してもらうことになりました。

――矢吹さんの絵は本作にもフィットした、ということですね。

田口 そうですね、何回かのやり取りでしっかりとこちらのイメージするキャラクターを作り上げていただきました。あと矢吹さんの絵の安定力が凄まじくて、作業が進んでいく中で、そこに本当に助けられています。素晴らしい人材に出会えてよかったです。

――絵が崩れないことが大事というのは、おそらく本作が微妙な仕草や表情にこだわられているからだと思うのですが、違いますか。

田口 そうですね、丁寧な描写を大切にしています。

(C)2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

――あと、先程のお話ですと背景美術もこだわっているのではないかと思うのですが、どういった方向性を持って取り組まれているのですか。

田口 そこはもう、こだわらざるをえないというか(笑)。狙ったのは写真のようなリアルさでもなければ、抽象的なものでもなく……観ることでいろんな記憶が想起されていく風景、とでも言えばいいんでしょうか。「空」「海」と聞いてパッと思いつく色彩だったり、雨に濡れたアスファルトの質感とか……見ることで感覚を刺激されるようなものを目指しています。

――田舎が舞台ということで、自然描写も見どころになっていきそうですね。

田口 本当に自然は大変なんですよ。何度もやり取りをくり返しながら、こちらのイメージに近づけている感じです。

――本作のストーリーに関して、監督はどういった部分に魅力を感じられていますか。

田口 先ほども言った通り、いろんなジャンルが重なっているところがひとつ。あと複雑な家族の問題がカオルとあんずの関係を結び付けることになる、という卓越したアイディアでしょうか。原作にはいろんな要素があるものの、尺の問題もありまして、最終的にはカオルとあんずの物語、ということでまとめさせていただきました。

――主人公となる二人、カオルとあんずの印象はいかがですか。

田口 あんずは、いろんな部分で自分の意志をストレートに表現するので比較的に掴みやすいキャラクターでしたが、カオルは難しかったですね……原作の中でも実際のセリフとモノローグの間に微妙なキャラクターの差異があって「どちらが本当のカオルなんだ?」と悩みながら脚本を書いて、絵コンテ作業の途中でようやく人物像が掴めたような気がしました。さらに鈴鹿(央士)さんの声が入ったことで、やっと「カオルはこういう奴なんだ!」という確信が持てて、そこから作画の修正を行ったりしましたから……相当時間をかけて理解していった感じですね。

――そういう複雑な人物像も含めて、本作はいろんな見どころがありそうですね。では最後に改めて、田口監督から本作の見どころをお教えください。

田口 カオルとあんずに焦点を当てた構成なので原作とは手触りの違う物語の楽しみ方ができると思いますし、難しい日常芝居の作画も逃げずに正面から取り組みました。あと、トンネルの描写など3DCGも変わった使い方をしていますので、そういう部分も是非チェックしてみてください。

(C)2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

――ここからは制作プロデューサーの松尾さんにも加わって頂きましょう。本作は『映画大好きポンポさん』に続く、CLAPの劇場作品となります。現在の手応えはいかがですか。

松尾 平尾監督とは対照的な仕事をされる方と経験を積ませて頂きました。うちのスタジオで並行しながら劇場作品を作れるか、という課題を何とかクリアして形にできそうです。それも監督の力が大きいとは思いますが。

――田口監督が今回CLAPと仕事をすることになったきっかけは?

田口 先ほど言ったオリジナル企画の件で、本作の制作プロデューサーの松尾(亮一郎)さんから声をかけていただいたことがきっかけです。

松尾 最初はライターさんと二人で進めていたんですが、監督も参加してもらいましょうという話になり、ライターさんから田口監督を紹介して頂きました。話せば話すほどスマートでクレバーな方だな、と思いました。

映画『デジモンアドベンチャーLAST EVOLUTION絆』を拝見した時も、長年のデジモンファンは勿論のこと、未見の人も楽しめる仕上がりになっていましたし、フィルムの中にいろいろなものと戦っている姿勢が見て取れたところが素晴らしいと思ったんです。

田口 凄い、よくわかりましたね!(笑)

松尾 ちょうど若手の監督さんと仕事をしたいと思っていたタイミングだったのと、オリジナル企画がストップしたタイミングで本作の企画が立ち上がったことから、改めてご相談した次第です。

――田口監督から見たCLAPというスタジオの印象はいかがですか。

田口 新しいスタジオという話をうかがっていたので最新鋭のデバイスが揃ったピカピカの場所をイメージしていたんですが、行ってみたら昔懐かしのアニメスタジオという感じで(笑)。作画机もなかったので、全員デジタル作画なのかと思って「自分はやっていけるかな?」とドキドキしていたら、ライトテーブルを使ってのほぼ手作業という環境(笑)。逆に、めちゃめちゃアットホームで居心地は良いですね。

――そういう昔ながらの手作り感も作品に反映されている?

田口 そうかもしれませんね。あと所属のアニメーターさんは上手い方が多くて、作品的には本当にラッキーでした。

――松尾さん自身は、スタジオのイメージをこうしたいという希望などあるんでしょうか。

松尾 田口監督の話を聞いた後だと言いづらいですけれど、「アットホームは辞めよう」って最近考えていたんです(笑)。スタジオの今後を考えたら、もっと多くの人を巻き込んでいきたいという気持ちもありますので。

――スタジオに安定感ではなく、もっと大きなうねりを求めたいということですね。

松尾 そうです。いろんな才能のある監督と組んでいきたいし、妥協なく良い作品を作っていきたい。今はそれに尽きますね。

(C)2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会