エンゼルス 大谷翔平

● アスレチックス 0 - 1 エンゼルス ○

<現地8月8日 オークランド・コロシアム>

 エンゼルスの大谷翔平選手(28)が現地時間8日(日本時間9日)、敵地で行われたアスレチックス戦を欠場した。チームは最少得点差で完封勝ち。連敗を2でストップした。

 大谷は前日の試合中に左足を踏まれるアクシデントに見舞われ、この日はベンチスタート。代打要員としてベンチ入りするも最後まで出番なく、6月17日(日本時間18日)のマリナーズ戦以来44試合ぶり今季4度目の欠場となった。

 エンゼルスにとっては打線の主軸を欠く戦力ダウンとなったが、それでも3番に入ったルイス・レンヒーフォが初回に6号先制ソロを放つと、先発マウンドに上がったホセ・スアレスが7回2安打無失点の快投。終盤はアーロン・ループ、ライアン・テペラの完封リレーで、初回に挙げたソロホームランによる1点を守り抜いた。

 エンゼルスは敵地でのカード初戦を制し、連敗を「2」でストップ。あす10日は3連敗中の大谷翔平が先発マウンドに上がり、メジャー自身初の10勝目とベーブ・ルース以来104年ぶりの2ケタ勝利&2ケタ本塁打達成を目指す。