フォルクスワーゲン ジャパンは8月9日、一部モデルについて仕様変更ならびに全国希望小売価格を改定すると発表した。



 価格改定の対象車両は2022年25週(6月20日~)以降に生産された車両(新型ポロ、新型T-Roc、パサート、パサート GTE ヴァリアント、シャランを除く)で、8月中旬以降順次出荷開始される。今回の価格改定は、原材料費等の急激な価格上昇に伴う工場出荷価格の上昇によるもので、価格改定幅は仕様変更も含め、約3.5%~8.3%としている。


各モデルの仕様変更について

新型T-Roc



新型T-Roc ブラックルーフ(イメージ)


新型T-Roc ブラックルーフ(イメージ)

 ブラックルーフ仕様のルーフカラーを、ディープブラック パールエフェクトからブラック(ソリッド)に変更。


ゴルフ/ゴルフ ヴァリアント



ゴルフ eTSI R-ライン(イメージ)


ゴルフ eTSI R-ライン(イメージ)

 今回の仕様変更では、下記グレードでフロントセンターエアバッグを追加した。



【ゴルフ】eTSI /TDI アクティブ ベーシック、eTSI アクティブ、TDI アクティブ アドバンス、eTSI / TDI スタイル
【ゴルフ ヴァリアント】eTSI アクティブ ベーシック、eTSI アクティブ、eTSI スタイル



 また、USB type Cポートの給電機能をUSB PD規格に対応(45W)。インテリアトリム(ドアトリム、ドアアームレスト、センターアームレスト)の素材を変更し質感の向上が図られた。なお、eTSI スタイル(ゴルフ/ゴルフ ヴァリアント)およびTDI スタイル(ゴルフ)に設定のグレー内装時のトリムが、一部グレーからブラックに変更となっている。


ゴルフ トゥーラン



ゴルフ トゥーラン(イメージ)


ゴルフ トゥーラン(イメージ)

 安全装備について、同一車線内全車速運転支援システム”Travel Assist”と緊急時停車支援システム”Emergency Assist”を全車標準設定に追加。また、TSI トレンドライン、TSI コンフォートラインに3ゾーンフルオートエアコンディショナーを標準設定し、同機能にタッチコントロール式操作パネルを採用した。このほか、TSI トレンドラインにデジタルメータークラスター”Digital Cockpit”を標準設定、TSI トレンドラインとTSI コンフォートラインにエンジンスタート/ストップボタンを追加した。



 また、TSI / TDI ハイライン、TSI R-ラインでオプション選択可能なテクノロジーパッケージのパワーテールゲートについて、”Easy Close”機能を追加している。


パサート ヴァリアント/オールトラック、アルテオン/アルテオン シューティングブレーク


 USB type Cポートの給電機能をUSB PD規格に対応(最大45W)。パサート ヴァリアント/オールトラックについて、新色となるグレイシアホワイト メタリックを追加設定した。