永野が提訴!? 永野VSお見送り芸人しんいちは次のステージへ

『ABEMA的ニュースショー』を毎週日曜正午より生放送されている。8月7日(日)の放送ではお笑い芸人のお見送り芸人しんいちがVTR出演し、命綱1本で不安定な板の上を歩くアスレチックや垂直まで吊り上げられる空中ブランコなど、中国の絶叫アトラクションを紹介。

【写真】お見送り芸人しんいちとの関係悪化について語る永野、ほか番組カット【3点】

「バンジージャンプなど、安全が確保されている状況での恐怖感は高い幸福感をもたらす」という一説が伝えられると、千原ジュニアは「“絶対に勝てる”とわかっている相手とケンカするみたいなこと」とたとえた上で、ゲスト出演していたお笑い芸人の永野に「永野さん、“絶対に勝てる相手”のしんいちさんとの関係はどうですか?」とジャブを打つ。

別番組で放送されたドッキリ企画において、別室で永野がモニタリングしていることを知らされていなかったしんいちが永野の悪口を言ってしまったことを発端に、2人の間に暗雲が立ち込めていることを解説した上で、永野は「逆にしんいちが心配ですね。いつまでこのくだりをやるんだ!?」と一石を投じ、スタジオをざわつかせた。

続けて、永野は「こうやって番組でイジってもらえて有難いけど、自分としては次のフェーズに向かいたい。だけど、あいつはまだ『大変なんですよ!永野さ~ん!』といろんな番組で騒いでいるから、いつまでにそこにいるんだ?と思う(笑)」と語った。

しんいちが「永野さんの中で、僕の評価は急降下していると思う」と訴えると、永野が「元々良い印象をしんいちに持っていない。フラットな気持ち」と淡々と明かし、千原ジュニアを笑わせた。

永野は「しんいちと共演する度に『いつまで怒っているんですか!』というくだりだけで終わってしまうので、芸人としては被害を受けている。それを訴えることってできますか?」とゲストで弁護士の中川みち子に尋ねると、中川は「永野さんにもメリットがあるので、損害を被っていないのでは?いわばWin-Winな関係」と一刀両断。

この回答を受けて、永野は「そう言われたら恥ずかしい…。僕らはWin-Winです(笑)」と頭をかき、笑いを誘った。

放送の様子は、現在も「ABEMA」にて見逃し配信中だ。

【あわせて読む】雪平莉左、1stにして“何もかも最大限”の写真集を語る「表紙の薔薇ブラもアドリブから生まれた」