山之内すず「1、2年前まで容姿にコンプレックスあった」純白ドレスで美を語る

タレントの山之内すずが8月8日、都内で実施された「LUX TWICE TAXI 」乗車式に3時のヒロインのかなで、福田麻貴とともに出席。本イベントでフィーチャーされたガールズグループ「TWICE」への思いや、自身の容姿などについて語った。

【写真】白のドレス姿で登場した山之内すずと3時のヒロイン【18点】

TWICEが大好きだという山之内。「中学生の頃から大好き。『CHEER UP』は中学3年のときに韓国のイベントで踊らせてもらった。高校の文化祭でも1年のときにTWICEさんの楽曲を何曲か踊らせてもらった。楽曲を聞いたら学生時代を思い出す」と述懐した。

また、中学時代には韓国でホームステイも経験。「私、当時韓国のアイドルたちが大好きだった。神戸市と韓国のテグ市の交流事業に参加して、神戸市の親善大使として韓国に行かせてもらった。街を歩いていてもTWICEのポスターがたくさん貼られていて、コラボ商品もあった。TWICEは9人それぞれが色んなかわいいを持っている。個々が絶大な色んなかわいいの要素を持っていて、キラキラの象徴」と絶賛した。

福田は、TWICEのサナと出身・幼稚園が一緒だと明かす。「年齢はぜんぜん違うのでかぶっていないんですけど、子どもの日にTWICEのインスタにサナちゃんの子どものときの写真が載っていた。『なんか見たことある制服だな〜』と思っていたら、私が通っていた幼稚園の制服だった。『この制服、こんなかわいく着こなせるんや!』と思った。別の制服みたいだった」と笑った。

山之内はまた、自身のチャームポイントは笑顔だとコメント。「私、昔自分の笑顔が好きじゃなかった。どうしても左右非対称になっちゃう感じとか、歯がすごい出ちゃうところが好きじゃなかった。でもこの活動を始めてからファンの方に『すずちゃんの笑顔が好き』と言ってもらえることが本当に多くなった。やっと自分の笑顔を好きになれた。楽しく笑えるようになった。今になったら、自分にしかない最大の武器」とほほ笑んだ。

さらに「1、2年前まで自分の容姿にコンプレックスしかなかった」と明かし、「内側、考え方がどんどん変わっていくにつれて、表面だけではなく、内面含めて自分のことが好きだなと思えるようになった。本当に最近のこと。自分が好きと思える自分になるのは楽しい」と話した。

今後挑戦したいことを問われると、山之内は「髪をのばす」と答え、「デビューしてから3年、ずっとショートボブだった。そろそろイメチェンしたい。大人に止められるところまで伸ばしたい(笑)」と意気込んだ。

「LUX(ラックス)」は、TWICEとのコラボレーションプロジェクト「LUX×TWICE コラボ 第 2 章~踏み出そう、あなただけの美しさで。~」 を実施。キャンペーン第3弾として、TWICEメンバーがデザインされたラッピングタクシー「LUX TWICE TAXI」(限定110台)の走行を、渋谷を皮切りに8月8日〜9月4日の期間でスタート。都内23区、武蔵野、三鷹地区限定で周回する。

【あわせて読む】山之内すず、ハタチになってお酒デビュー「これ美味しい!」と早くも”酒豪”の片鱗が!?