百田夏菜子「ライブでも“異色の曲”」今でも歌うのが難しいももクロの楽曲とは?
ももいろクローバーZのメンバーがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!TOP10」。この番組は、ももクロとナビゲーターの清野茂樹、そして全国のリスナーが一緒に作る“選曲テーマ別オリジナルTOP10チャートプログラム”です。毎回テーマを設けて、みなさんからのリクエストを集計した“番組オリジナルTOP10チャート”をカウントダウン形式で発表していきます。

8月7日(日)の放送では、「癖になる歌声! ウィスパー&ハスキーアーティストソングTOP10(女性アーティスト編)」をお届けしていきました。

(左から)ももいろクローバーZの“あーりん”こと佐々木彩夏、“かなこ”こと百田夏菜子、“しおりん”こと玉井詩織、“れに”こと高城れに

◆第8位:「怒りをくれよ」(GLIM SPANKY)

<リスナーからのリクエスト・メッセージ>

「サビの“怒りをもっとくれ”という歌詞を、ボーカル・松尾レミさんのハスキーボイスで歌い上げるところがとても印象に残っています」

清野:“怒りをもっとくれ”とか、こういう不満をぶちまける歌詞には、やっぱりハスキーボイスが合いますよね。

かなこ:確かに!

れに:そうですね。

かなこ:“怒りをもっとくれ”って、パワーワードですよね。

清野:パンチが相当ありますよ。かわいらしい声よりハスキーなほうがハマりますよね。

かなこ:GLIM SPANKYさんは、私たちの楽曲「レディ・メイ」を提供していただいているんです。

れに:「レディ・メイ」もすごくカッコいい楽曲なんですよ。

清野:“この曲(レディ・メイ)なんか貫禄があるなぁ”と思っていたんですけど、作っていたのがGLIM SPANKYさんだったんですね。

かなこ・れに:そうなんですよ!

かなこ:この曲は、今でも歌うのが難しい1曲だよね。

れに:うん、なかなかね。

かなこ:仮歌で松尾(レミ)さんが歌ってくださっていたんですよ。それに近づけようと思って歌ったんですけど、やっぱり無理でした。

れに:まねができないよね。

かなこ:そう。でも“自分たちの色にしよう”って思っても、塩梅がすごく難しくて。

清野:(松尾さんに)近づけるために、何かイメージしたことや頑張ったことはありますか?

かなこ:この曲に関しては、ひたすら仮歌を聴いて寄せにいきました。

清野:松尾さんに?

かなこ:はい。“カッコよく歌えるように!”って練習して。ライブでも“異色の曲”というか、「レディ・メイ」を歌うと空気がガラッと変わる。

れに:変わるね。

かなこ:その曲に引き込まれて、ライブの雰囲気をつくってくれたり変えてくれたりする1曲なので“とても素敵な曲をいただいたな”って、本当にありがたいですね。

<番組概要>

番組名:ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!TOP10

放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット

放送日時:毎週日曜 16:00~16:55

パーソナリティ:ももいろクローバーZ、清野茂樹

番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/clover/