宮野真守初のアリーナツアーの興奮をカラオケルームで体感しよう!

アニメ『DEATH NOTE』(夜神月)や『銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅』(ラインハルト・フォン・ローエングラム)をはじめ、数々の代表作を持つTOP声優の一人・宮野真守は、現在放映中のドラマ『石子と羽男-そんなコトで訴えます?-』(主演:有村架純、中村倫也 TBS系)にも登場した俳優でもあるほか、アーチストとしても、精力的に活動を続けている。

2007年に『鋼鉄三国志』のエンディングテーマ『久遠』を歌ったのをきっかけにアーチスト活動が本格化。

2008年に『Discovery』でメジャーデビューを果たして以来、2015年には12枚目のシングル『シャイン』で同年4月18日付のオリコンシングルデイリーランキング1位を獲得。声優個人名義での1位獲得は水樹奈々に続き2人目、男性声優では史上初の快挙となった。

ライブ活動も旺盛で、2009年に初の単独ライブ『MAMORU MIYANO 1st LIVE TOUR 2009 〜BREAKING!〜』を大阪、東京、横浜で開催。

2013年には、男性声優初の単独公演となる『MAMORU MIYANO SPECIAL LIVE 2013 〜TRAVELING!〜』を日本武道館で行い、1万人の動員を果たした。それ以降たびたびアリーナクラスのライブツアーを実施、今年11月からは、神戸、さいたま、名古屋でアリーナツアー『MAMORU MIYANO ARENA LIVE TOUR 2022 ~ENTERTAINING!~』を開催する運びとなっている。

数十、数百の役を演じ分けてきた声優ならではの表現力のたまものか、ロックテイストの力強いシャウト、伸びやかなハイトーンボイス、甘く切なく歌い上げるバラードなど、多様な楽曲をその高い歌唱力とパフォーマンスで、確固たる世界観を作り上げたステージは、ファンのみならず高い評価を呼んでいる。

そんな宮野真守が、アーティストデビュー10周年を記念して2018年に開催された『MAMORU MIYANO ARENA LIVE TOUR 2018 ~EXCITING!~』のライブダイジェスト映像が、通信カラオケ「JOYSOUND」のコンテンツサービス「みるハコ」に登場しているのが話題に! 

10月31日(月)までの期間中、対象機種「JOYSOUND MAX GO」を導入の全国のカラオケルームにて無料(別途室料)で楽しめるというのだから、これはたまらない!

宮野真守初のアリーナツアーとなった、さいたまスーパーアリーナ公演から厳選したパフォーマンスが、57分にわたってたっぷりと堪能できる。

10周年記念ソングとして制作された『EXCITING!』をはじめ、メジャーデビュー後初のテレビアニメ主題歌となった『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%』のオープニングテーマ『オルフェ』や、オリコンランキング1位を獲得した『シャイン』など11曲が、迫力あるサウンドと大画面で展開されるのだ!

さらに、カラオケルームでミュージックビデオを観て楽しめるサービス「RecTV Powered by レコチョク」では、『オルフェ』『シャイン』をはじめとした、宮野真守の公式ミュージックビデオ全29曲を配信中! こちらも見逃せないぞ!

何も邪魔の入らないカラオケルームの空間は、まさにもうライブ会場! アナタだけが独占するもよし、仲間と盛り上がるもよし、真守の魅力あふれるステージパフォーマンスを全身で感じよう!!

>>>ライブのカットを見る(写真4点)

※「レコチョク」及び「RecTV」は株式会社レコチョクの登録商標です。