九州限定!ドゲンジャーズの3キャラがタカラトミー製のソフビに

ご当地ヒーロー『ドゲンジャーズ』のオーガマン、ルーキー、ヤバイ仮面がソフビ人形になった。メーカーは日本玩具業界第2位のタカラトミーだ。

『ドゲンジャーズ』は2020年4月から九州朝日放送で放送開始された、実在する九州のご当地ヒーローたちが活躍する本格特撮番組。現在では九州のみならずTOKYO MXでの放送や動画配信サービスでも視聴可能になるなど、全国規模で注目されている。TV番組だけでなくヒーローショーなどでも九州を中心に活動し、地元では絶大な人気を博している。

ヒーローの玩具として、ソフビ人形には独特のステータスがある。固定フィギュアやアクションフィギュアが一般的になった今でも、ソフビ人形となって幼児に遊ばれてこそ世に広く知れ渡ったヒーロー、という感はある。

たとえば「マダム層の支持が厚い」というヒーローとしては猛烈にハイターゲットである『スーパー銭湯 純烈ジャー』も、アクションフィギュアや固定フィギュアより先にソフビになっている。それほどヒーローの玩具=ソフビというイメージは強い。

今回のアイテムは『ドゲンジャーズ』の登場キャラの中から3キャラがソフビ化されるというもの。

福岡に実在する企業「株式会社大賀薬局」の社長でドゲンジャーズの中では最強キャラの「オーガマン」、オーガマンから正義の心を見出され「オーガシステム」を託されヒーローになった「ルーキー」、福岡に実在する企業「株式会社悪の秘密結社」の社長を務める怪人「ヤバイ仮面」がセレクトされている。

発売元はタカラトミー。過去には『トミカ絆合体 アースグランナー』『トミカヒーロー レスキューファイアー』『トミカヒーロー レスキューフォース』などのソフビ人形を発売している。

過去にもご当地ヒーローのソフビ人形はあったが、大手企業であるタカラトミーがご当地ヒーローのソフビ化を手掛けるのは初である。

タカラトミーの開発担当者は「今回は九州を中心に活動し地元を盛り上げ、全国へも進出している『ドゲンジャーズ』の活躍に共感しました。タカラトミーの玩具を通じて、より多くの方々に『ドゲンジャーズ』を知ってもらいたい、好きになってもらいたい! と考え、子どもたちをはじめ誰もが手に取って遊びやすく、親しみやすいソフビ人形として商品化することが決定しました」とコメントしている。

「ご当地ヒーローソフビシリーズ ドゲンジャーズ」は、2022年8月6日(木)から九州の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売り場、ヒーローゆかりの大賀薬局、ピザクック、ふくやの一部店舗やイベント限定で発売される。また、同日からTwitterでのフォトコンテストも開始するという。

九州在住、そして九州に旅行に行かれるドゲンジャーズファンの方は是非チェックしていただきたい。

>>>「ご当地ヒーローソフビシリーズ ドゲンジャーズ」関連画像を全部見る(画像9点)

(C)ドゲンジャーズ3 製作実行委員会

(C) TOMY