ダイハツ、タフトの特別仕様車「ダーククロムベンチャー」先行受注開始

ダイハツは7月27日、今秋に発売予定のタフトの特別仕様車「ダーククロムベンチャー」について概要を発表し、先行受注を開始した。

2020年に発売した軽クロスオーバーモデルのタフトは、2021年5月に特別仕様車「クロムベンチャー」を設定。外装のメッキ加飾に加えて、内装のアクセントカラーをダークシルバーとすることでベース車が持つアクティブ感に上質感をプラスしたモデルであった。

今回、クロスベンチャーのメッキ加飾をダークブラックメッキに変更し、外観にガンメタリック塗装(アルミホイールと前後のアンダーガーニッシュ)、ブラックマイカメタリック塗装(ドアミラー、ドアハンドル)を施した特別仕様車「ダーククロムベンチャー」を新設した。ダーククロムベンチャーは、その名のとおりダークカラーのメッキやパーツでよりタフさを演出している。内装は併売されるクロムベンチャーと共通である。

【画像】特別仕様車ダーククロムベンチャー

特別仕様車の正式発売と同時にベース車は一部改良を実施。ボディカラーにはタフトのイメージを強調するセラミックグリーンメタリック、クロムグレーメタリック、レーザーブルークリスタルシャインの3色を新たに採用。その代わりにブライトシルバーメタリック、レモンスカッシュクリスタルメタリック、スプラッシュブルーメタリックの3色の設定がなくなった。装備面では、メーカーオプションとして音声認識機能やワイヤレス接続に対応した9インチスマホ連携ディスプレイオーディオを設定する。

〈文=ドライバーWeb編集部〉