新型シビック TYPE Rが世界初公開|速さと走る喜びを極めたピュアスポーツ

2022年9月に日本での発売が予定されているホンダ新型シビック TYPE Rが世界初公開された。グランドコンセプトは「Ultimate SPORT 2.0」。先代シビック TYPE Rのコンセプトである「Ultimate SPORT」をさらに進化させ、速さと走る喜びを極めたピュアスポーツ性能を目指している。TYPE Rが提供するのは、スポーツモデルの本質的価値である「速さ」と官能に響く「ドライビングプレジャー」、このふたつの要素の両立だ。

【画像】世界初披露された新型シビック TYPE Rの外観デザインや内装(写真21点)

エクステリアデザインは、圧倒的な速さと美しさを兼ね備えたデザインを目指したものだ。シビックをベースに、TYPE Rとして走行性能を高めるため、さらにローアンドワイドなパッケージを追求。ボディーと一体となったワイドフェンダーはサイドパネルから美しく流れるような造形とするとともに、フロントからリアに抜ける一連の空気の流れをコントロールすることで空力性能を向上させている。

インテリアデザインは、ドライビングプレジャーを視覚的にも刺激する、赤いシートとフロアカーペットを採用。インテリアパネル周りは、運転に集中できるようノイズレスなブラック基調とした。

フロントシートは、サーキットでの限界走行時においても安心して身体を委ねられるよう多面体の3D形状で身体をサポートするとともに、コーナリングや急な加減速時などの高G状態での身体の滑りが低減されている。これは摩擦係数の高いスエード調の表皮を採用したことによるものだ。

メーターのデザインには、通常の表示に加え+Rモードの専用デザインを設定。サーキット走行などにおいて、ドライバーが必要な情報をいかに瞬間的に認知できるかを重視し、上部にはエンジン回転数やレブインジケーター、ギアポジションなどを配置し、下部はマルチインフォメーションディスプレーとなっている。レブインジケーターは、注視しなくても感覚的に認識できる点灯式が採用されていることで、瞬間的に情報を視認できる。

新型TYPE Rのダイナミクスにおける狙いとして、圧倒的な速さを追求するとともに、運転時におけるあらゆるフィーリングを磨き上げ、FF最速を目指す「Fastest(ファステスト)」、痛快なドライビングフィールで運転することに夢中になる「Addicted Feel(アディクテッド フィール)」、高速安定性と信頼感に満ちた「Secure Feel(セキュア フィール)」が掲げられている。

「Fastest」

これまでのTYPE Rを上回るパフォーマンスを目指し、TYPE R専用の2.0リッター VTEC TURBOエンジンを磨き上げ、より高出力・高レスポンスの実現を極限まで追求。

「Addicted Feel」

運転することに夢中になれるよう、思い通りに操ることを目指したハンドリングや、足裏に吸いつくようなスロットルワークによるドライバビリティーを磨き上げるとともに、6速MTの操作感とレブマッチシステムを進化させることで痛快なドライビングフィールを追求。

「Secure Feel」

洗練されたデザインとしたうえでさらなる空力進化を図り、前後バランスの良いダウンフォースの発生と、空気抵抗の低減を両立。軽量かつ高剛性のボディーにより、高速走行時における高い安定性を実現した。

ドライバーと車がひとつになったドライビングプレジャーを提供し、究極の「操る喜び」を追求した新型シビックTYPE R。9月の日本発売に期待したい。