コスプレーヤーのえなこが、12日発売の『週刊FLASH』(光文社刊)で表紙&巻頭グラビアに登場している。

(C)光文社/週刊FLASH 写真◎藤城貴則

中学生のころからコスプレをはじめ、ネットを中心に話題を集めて今やNo.1プロコスプレイヤーとしてテレビやCM、グラビアなどさまざまなジャンルで活躍しているえなこ。今年は2022年「カバーガール大賞」を受賞するなどその勢いは留まることをしらない。その彼女が『FLASH』に表紙と巻頭グラビア10ページに登場。4つの衣装でバラエティに富んだ表現力を見せており、貴重なインタビューでは意外な鈍感エピソードも披露している。

また、『ひるおび』『金スマ』(ともにTBS系)で人気を集めているTBSの若林有子アナウンサーが、人生初の撮り下ろしグラビアにチャレンジ。8ページにわたり、エプロン姿でフルーツサンドを作る様子やドレスアップしておでこを出したカットなどを掲載している。「撮り初めは、シャッター音が鳴るたびに照れてしまったんですけど、スタッフの皆さんのおかげで自然な表情を引き出していただけました」と撮影後に笑顔で語った若林アナ。テレビとは違う彼女に注目だ。

ほか、会社経営をしながらCMやメディアに多数出演する福岡みなみが1年ぶりにグラビアを、元AKB48の鈴木優香が魅惑のFカップボディを『週刊FLASH』とデジタル写真集『鈴木優香 ずっと前から』『鈴木優香 触ってみる?』で披露し、この1年間でTwitterのフォロワーが1万人から12万人に増えたという"超バズり"グラドルの澄田綾乃も『週刊FLASH』に登場している。

なお、月額1100円の会員制サイト「FLASH Prime」では、高画質メイキング動画、未掲載写真を随時公開中。