4年ぶりの北米ツアー直前! SCANDAL・RINA「NYは一番最初にカルチャーショックをくれた街」
SCANDALがパーソナリティをつとめる番組「SCANDAL Catch up Supported by 明治アポロ」。結成、デビューから10年超のキャリアを持ち、最近では国内のみならず世界各国にも熱狂的なファンが多い彼女たち。英語で「最近どう?」という意味の「Catch up」そのままの、フランクな内容でお届けしていきます。

7月4日(月)の配信では、いよいよ始まる「SCANDAL WORLD TOUR 2022“MIRROR”」北米シリーズを直前に控えた、ドキドキの心境をお届けしました。

(左から)TOMOMI、HARUNA、RINA、MAMI


HARUNA:さてさて、いよいよ「SCANDAL WORLD TOUR 2022“MIRROR”」の北米シリーズが近づいております……ドキドキするね、久々だもんね。

RINA:こんなに(海外ライブをおこなう)時期が空いたのは初めてやもんね。

HARUNA:北米ツアーは4年ぶりだね。

MAMI:そうそう、前が2018年だから。

RINA:もう4年も前なのか。

MAMI:今回カナダは初めてだね。

TOMOMI:そうだね、楽しみー。

HARUNA:アメリカでも初めて行く土地もあるので、今回は「北米シリーズの旅のしおり」式にお届けしながら、私たちも予習をしていこうと思います。

初日がそんな初めてのカナダなんですよ、トロント。7月9日(土)がライブなので、もうすぐですよ!

RINA:7日(木)に日本を出て、トロントに上陸してすぐライブっていうね。

HARUNA:時差ボケとの闘いになりそうな。

RINA:いつもそうなんよなあ。

TOMOMI:7日に出て、7日に着くってことか。

MAMI:8日が一応まるまる空いてるってことね。

TOMOMI:その間に時差ボケを直すと。

RINA:整えると。

MAMI:8日は一日中寝るしかないかな。

RINA:いやいや、めっちゃ撮影が入ってますって。

HARUNA:今回は結構忙しいんだよねえ。

RINA:ヤバイスケジュールだよ。

HARUNA:詰まってるんだよね。さて、そんなトロントはカナダのオンタリオ州の州都です。

TOMOMI:ナイアガラの滝があるんじゃない?

HARUNA:トロントに?

RINA:そうなん?

TOMOMI:あれ、違った?

一同:沈黙……。

RINA:誰も情報がないという。

MAMI:(調べて)あ、ナイアガラの滝はオンタリオ州だって。

スタッフ:トロントからバスで2時間半かかるそうです。

TOMOMI:遠いなー。でも行ってみたいなあ、ナイアガラの滝。行く時間ないなあ。

MAMI:ナイアガラの滝は人生で一度は行ってみたいよねえ。

TOMOMI:うん、行ってみたい。

RINA:迫力がすごいやろな。

HARUNA:ツアーとかあるじゃん、行ってみたいねえ。

RINA:楽しいんやろうなあ。

HARUNA:せっかく行くなら、そういうツアーにも参加してみたいけど、今回はライブがあるのでね(笑)。

TOMOMI:スケジュールがギュッと詰まってるからね。

RINA:24時間で「本当に足りるの?」っていうスケジュール感やからね。頑張らないとな。

HARUNA:そんなトロントに降り立って、ライブをして、その翌日の10日がニューヨーク公演です。

RINA:ニューヨークは、海外で初めてライブをした場所やからね。思い出深いよね。

HARUNA:2007年だね。

MAMI:高3になる手前だったなあ。

TOMOMI:そうそう。

RINA:あの頃は、まだ赤ちゃんやったな。

TOMOMI:ニューヨークに着いてバスを降りたら、たまたまサックスで「上を向いて歩こう」を演奏している人がいて、すごい偶然やったけど、一瞬日本を感じてすごく感動したのを覚えてるな。

HARUNA:そうそう。

RINA:一番最初にカルチャーショックをくれた街って感じ。

*   *   *

スケジュールがタイトな弾丸ツアーが、いよいよ始まります! ツアーが行われるアメリカとカナダの各都市で、スケジュールの合間に番組収録をしてお届けする予定です。どんな4人の「Catch up」になるのか、お楽しみに!

SCANDALのニューアルバム「MIRROR」は好評発売中!

「明治」のお菓子を手にしたSCANDALメンバーをパチリ



<番組情報>
番組名:SCANDAL Catch up Supported by 明治アポロ
AuDee,Spotifyで配信中。
配信日時:毎週月曜 21:00〜
パーソナリティ:SCANDAL
番組サイト: https://audee.jp/program/show/100000056