『わた婚2』出演の塩野瑛久がスタジオ初登場、 “涙の別れ”で話題を呼んだ足立梨花とのその後を告白

「ABEMA(アベマ)」にて7月8日(金)23時から1時間スペシャルとして放送するABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『私たち結婚しました3』の第6話に、俳優の塩野瑛久がスタジオゲストとして出演することが決定した。

【関連写真】タキシード&ウエディングドレスで笑顔を見せる塩野瑛久&足立梨花

本番組は、韓国で2008年から約9年間レギュラー放送された国民的大ヒット番組『私たち結婚しました』(※1)を日本版にリメイクした、「ABEMA」オリジナルの結婚モキュメンタリー番組。今シーズンは、佐野岳と島崎遥香のペア、中田圭祐と川島海荷のペアの2組が結婚生活を送っている。初回放送では、「ABEMA」オリジナルの『私たち結婚しました』シリーズ史上最高視聴数を記録した(※2)。

今回、スタジオゲストとして出演が決定した塩野瑛久は、2021年に放送されたシーズン2に女優の足立梨花と夫婦として出演した。シーズン2の最終回は配信開始後1週間足らずで総視聴者数100万人を突破。結婚生活最終日に別れを惜しみながらハグを終え、別々の道を歩んでいった“涙の別れ”の展開は、SNSを中心に「切なすぎて号泣した」「キュンキュンした」など多くの反響を集めた。

7月8日(金)放送の第6話は、シーズン2に引き続きMCを務めるお笑いコンビ・千鳥のノブと三浦翔平、シーズンレギュラーゲストの高橋みなみも登場し、1時間スペシャルとして放送される。

これまで同番組に夫婦として出演していた塩野は、今回がスタジオ初登場となる。7月8日(金)放送の第6話では、シーズン2の最終回で大きな反響を呼んだ妻・足立との“涙の別れ”の真相やその後について、2人の夫婦生活を見届けてきた千鳥・ノブが深掘りした。

「ガチリアル連絡先は聞いた?」「デートは?ご飯行ってない?」などの質問に意外な回答をした塩野。今だから話せる結婚生活の本音や、反響を受けての率直な思いを包み隠さず語る。

塩野が明かすシーズン2の秘話と最新の夫婦の結婚生活は、7月8日(金)23時より1時間スペシャルとして、「ABEMA」にて誰でも無料で見観ることができる。

※1:『私たち結婚しました』は、韓国の地上波放送局、株式会社文化放送(MBC)が企画、制作した番組。

※2:シーズン3第1話放送終了後、1週間の総視聴者数をもとに算出。

【あわせて読む】『わた婚3』にトリンドル玲奈がゲスト出演、前シーズンで大反響の“涙のキス”裏話披露