7月11日にスタートする月9ドラマ『競争の番人』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~※初回30分拡大)の制作発表記者会見が7日、都内で行われ、W主演を務める坂口健太郎と杏をはじめ、小池栄子、大倉孝二、加藤清史郎、寺島しのぶが出席した。

公正取引委員会を舞台に、天才で理屈っぽい小勝負勉(坂口)と、実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓(杏)ら第六審査・通称“ダイロク”の面々が、談合や価格カルテルなど不正を働く企業の隠された事実を、あの手この手であぶり出していく。

会見冒頭、第1話のダイジェスト映像を見た坂口は「どうですか? おもしろそうじゃないですか!?」と嬉しそうにニッコリ。撮影では膨大な台詞量に悩まされたそうで、「大変でしたね」とこぼし、「言い慣れない専門用語を普段から言っているように喋らなきゃいけないのは、難易度が高かった」と振り返る。またドラマの舞台となる公正取引委員会について「自分たちの私生活と距離感が近いお仕事。彼らがこう動いてくれることによって、自分たちの生活が守られているという新しい発見もあった」と話した。

今回、アクションにも挑戦したという杏は、「頭脳派の小勝負と熱血漢の白熊と、いろんなアプローチの仕方で事件を探っていく」と語り、「ダイロクチームが本当にすごくいいメンバー」と充実の表情を見せる。ダイロクメンバーは先日放送された『夏の番組対抗 タイムリミットバトル ボカーン!』でも抜群のチームワークを発揮しており、小池は「バラエティはバレますからね、本当に仲いいか」と話して笑わせた。

姉御肌の桃園千代子役を楽しんで演じたという小池は、「伊藤(利尋)アナが(会見の)司会ってすごいんだよ! フジテレビの力の入れようを感じて、感謝しています」と熱弁。小池を筆頭とした明るいチームについて、坂口は「小勝負は天才肌だけど足りていない部分もたくさんある。それをダイロクのメンバーが補ってくれるけど、役を離れたときにもそう感じる瞬間があった」とし、「僕、いいこと言ってますよね?」と続けると、小池から「あなた本当、自分のこと好きよね」とツッコまれていた。

そんな和気あいあいの現場について、寺島は「前室とかでもすごく楽しそうにしてるから、入れないなっていうくらい一致団結してて。もっと入りたかったな」と本音を吐露。一方チームのキャプテンを演じる大倉は、役柄について「桃園さんにずっと叱られているけど、実際の僕と小池さんの関係とほぼ似てますね」と話すと、小池から「そういうのやめてほしい。すぐ活字になっちゃうから」とクレームが入り、「なんてのは嘘です」ととぼけてみせた。

また加藤は、「最年少でもあるので、愛されるキャラクターになるといいなと思って演じていた」とコメント。そんな加藤について坂口が「最年少だけど達観してるんですよ」と感心すると、「長いから、芸歴が」と小池。坂口が「知識もあったり、スポーツも詳しかったり。加藤くんほんと、今いくつ? っていうくらい」と続けると、大倉は「(こども)店長やってたからでしょ」と頷いた。

ここで、今日が七夕ということでキャストが願い事を書いた短冊を発表することになり、トップバッターの坂口は「無事に撮り切れますように」と書かれた短冊を披露。「(第1話ダイジェストの)雪が映ってる映像から、まだちょっとだけ撮影が残ってるって、どれくらい(の期間)撮ってるか計算していただけたら」と苦笑いしつつ、「これが本当に今の願い事」とほほえんだ。

続いて杏が願い事を発表するかと思いきや、短冊に書かれていた文字は「坂口君」。さらに、大倉が「お誕生日」、寺島が「おめでとう!」と掲げ、ドラマ初回放送日に誕生日を迎える坂口をサプライズでお祝い。坂口は「全然気づかなかった」と頬を赤らめ、杏は「これもなにかの運命なんじゃないか。素敵な31歳を」とメッセージ。坂口は「自分が主演をさせていただくドラマの初日の放送が誕生日なんて本当にもうないと思うので、31歳も頑張りたいと思います。なんかすみません、お誕生日祝われるのって恥ずかしくて」と照れ笑いを浮かべていた。

最後に坂口は「(公正取引委員会の)いろいろなことをみんなに知ってほしいというのがドラマの大きなテーマ」と挨拶。杏は「皆さまと楽しみながら、いろいろなものが得られていくドラマではないか」とアピールし、締めくくった。