2020年にドイツで公開されたパンデミック・スリラードラマ『エピデミック 感染爆発』(全8話)が、フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて、7月21日(木)より独占見放題配信される。

新型コロナ流行前である2019年の撮影当初は完全なるフィクション作品として制作された本作。公開が開始されて以降、世界はCOVID-19パンデミックに襲われる事態となり、血液検査やマスク着用などを含め、今まさに世界が直面している新型コロナウイルスを想起せずにはいられないストーリー展開で話題に。当たり前だった日常が失われ、国がカオスと化していく過程をリアルに感じ取ることができる。

<世界の終末>が、海を越え、私たちの島スルボーンまでやって来た。日々、世界各地で拡大する感染症のニュースが流れる中、舞台となるドイツの北海にある架空の島スルボーンでは平穏な日常が続いていた。しかし、ある夫婦の遺体を乗せた一隻のヨットが漂流したことから、まるで他人事だったウイルスの猛威が瞬く間に島全体を恐怖に陥れ、島民たちは思いも寄らぬ形で死の恐怖と対峙することに。逃げ場のない孤島で迫りくる死のウイルスの恐怖、まるで新型コロナを予言していたかのような本作の結末はいかに……。