佐藤勝利(Sexy Zone)が主演するドラマプレミア23『赤いナースコール』(テレビ東京系、毎週月曜23:06~)が、7月11日(月)にスタートする。これに先立ち、オンライン記者会見が開催され、佐藤のほか、ヒロインの福本莉子、池田鉄洋、浅田美代子、板尾創路が登壇。本作への意気込みや“人生で怖かった瞬間”などを語った。

本作は、秋元康が企画・原作を務める病院を舞台にした史上最恐ミステリー&ノンストップラブサスペンス。佐藤演じる主人公・春野翔太朗と福本演じる翔太朗の恋人・三森アリサのカップルが事故を起こしてしまい、とある病院に入院することになるのだが、この病院は何かがおかしい!? 個性豊かで奇妙な入院患者たち、何か含みのある医者や看護師たち、一見すると普通なのに拭いきれない違和感を纏った病棟、並行して病院の外で起きている連続殺人の謎など、様々な人間ドラマと狂気が描かれる。

“5分に1回の恐怖”が訪れるという本作について、佐藤は「地上波の限界を超えるような怖いドラマにしていっていますので、ぜひお楽しみください」とあいさつ。

福本が、「まだ4話までしか知らず、その後の展開は何も知らないんです」と語ると、浅田も、「このドラマの本当のミステリーは、演者が誰もどうなるのか、自分がどういう立ち位置なのかがわからない。台本が来る度、『どうなってんの?』という感じで、それが一番のミステリーだと思います」と明かし、キャスト陣にさえも詳しい展開は知らされずに撮影が進んでいるそう。

佐藤も「今だにどんなドラマなんだろうっていう……。皆さん、何も知らない」とこぼすも、「そういうワクワク感は久しぶりですね。軸は面白くて。『赤いナースコール』の中の病院で、すごく怖いことが起こって、翔太朗がアリサに愛を貫いていき、振り回されるドラマ。僕も実際振り回されているので、それがちょっと役に滲みでたら面白くなるかなと思っています」と爽やかな笑みを見せた。

また、現場の様子を聞かれると、佐藤は「すごく暑いんです。女性病棟は良い部屋なのですが、こちらの(自分の)病室は、エアコンも故障していて(笑)。だから秋元さんに空調を差し入れしていただけたらいいな、と心では思っています」と笑いを誘いつつも、「『暑い!』って言いながらも楽しんで撮っています」と打ち明けていた。

会見では、ドラマにちなんで“人生で怖かった瞬間”を明かす一幕も。佐藤は「怪奇現象や心霊現象とかは、そんなにないです」と口にしつつも、「劇場はよく出ると言いますが、舞台の共演者の方が見える人で、“白い女性がいる劇場”と言っていて。僕も意識し過ぎたのか、白いベッドの上で白い服を着て、そのベッドを浮かせるという演出をしていた時に、ふと右側を見たら、何か白いものが見えたんです。そこから右がちょっと動かなくなりました。それが、自分が気にし過ぎたのか心霊現象なのかはわからないですけど……」と自身の体験を告白。

また、福本は、「ご飯屋さんに行った時に、お手洗いで“トントン”と聞こえて『はい』と言ったら何も返事がなくて。友達に『ノックした?』って聞いたら、『してない』と言われて。おかしいなと思っていたら、体の右側が鳥肌が止まらなくて、ずっとザワザワしていて。後から聞いたら、何かついていたそうで……。その後に神社の奥宮に行ったら(ついていたものが)飛んでいって、めっちゃくちゃ元気になりました」という不思議なエピソードを披露。同じ右側に違和感を感じたことを受けて、佐藤は「右につきやすいんですかね」と不思議がっていた。

さらに“ミステリー&ノンストップラブサスペンス”にかけて、ノンストップで夢中になってしまうものを聞かれると、佐藤は「アイドルかな」と照れ笑い。「やめたくもないですし、やめられないというものあれですが、求めていただいてるのはもちろん、ライブを経験すると、歓声をもらえたり、この時期は拍手で迎え入れてくれたりとか……あの多幸感はやめたくないものだと思います」としみじみ。福本から「アイドルの鏡ですね」と褒められると、笑顔を見せていた。